廃ベッドに拘束されて動けない...更なる恐怖があなたを襲う。新感覚のお化け屋敷「ネグルシ」が間もなくオープン!

廃ベッドに拘束されて動けない...更なる恐怖があなたを襲う。新感覚のお化け屋敷「ネグルシ」が間もなくオープン!

  • カラパイア
  • 更新日:2018/07/21
No image

ちょっと外にいるだけで、じりじりと焼き尽くされてしまいそうな猛暑が続いている今日このごろ。

なんとかちょっとでもひんやり涼しくなりたいわけだが、ここは夏らしくお化け屋敷なんてのはいかがだろうか。

7月28日~8月29日、神奈川県横浜市の横浜ビューティー&ブライダル専門学校に、廃ベッド型お化け屋敷「ネグルシ(寝狂死)」がオープンするようだ。

お化け屋敷といえば決められたルートを自分で歩くタイプが定番だけど、「ネグルシ」はベッドに拘束される。逃げ出したくても逃げ出せない状況での恐怖体験に、君は耐えられるのか?あたしゃ絶対無理だけども。

【他の記事を見る】お化け屋敷よりも怖い?世にも奇妙で不気味な世界10の博物館

廃墟で発見された廃ベッドに拘束されて・・・

「ネグルシ」で参加者が拘束される廃ベッドは、地方にあるいわくつきの某廃墟で発見されたものだそうだ。

そこに寝た状態でプロアクターによる「鬼気迫る驚かし」を楽しめる、至れり尽くせりの極楽ホラーアトラクションとなっている。

なお、1台のベッドで、2人1組の体験となる。カップルでも同性同士でも親子でも参加可能だ。

ちなみに「ネグルシ」には次のようなストーリーが設定されているようだ。

No image

恐怖ソリューション企業ゾウンテッド社は、その実績、ノウハウにより、最高峰の睡眠薬事研究への貢献要請を受け参画、曰く付きの「廃ベッド」を始め、世界中から睡眠障害データ及び悪夢要素を集結した「睡眠覚醒障害発生因子試験場(通称:ネグルシステム)」を開発。大勢の検体を求め、専門学校内に研究所を設立し、新薬の臨床試験モニターを募集開始。

怖すぎたときは「ナースコール」を押せば脱出可能!

新薬の臨床試験モニターとして廃ベッドに拘束された結果、そこで何が起こるのだろうか!?

拘束されるってことは動けないわけだし怖がらせられ放題だし、普通のお化け屋敷よりホラー度は格段アップするだろう。

だが安心してほしい。もうこれ以上は無理って場合には脱出可能だ。リタイアの際は「ナースコール」を押してまぶたを閉じればOKだ。

No image

ただし「ナースコール」のボタンは1台に1つのみのため、先に気絶の恐れがない人が持った方がいいとのことだ。

開催時間は11~17時、料金は一人1500円。ペアで参加の場合は2名で2000円とお得な価格設定となっている。

ニュータイプなお化け屋敷だけにホラー耐性強めな人でも背筋がぞくぞくするかもだね。最新情報は公式サイトをチェックだ!

References:ゾウンテッド/PR TIMES/Twitterなど / written by usagi / edited by parumo

・あわせて読みたい→怖がりの男性が見栄を張って彼女とお化け屋敷に入らない方がいい理由

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
欲しいぶんだけハサミで切って貼れるLEDライト「#はるる」が超便利!  人感センサー式やスイッチ式などから選べます
汚部屋で暮らす“捨てられない人”の特徴。まず捨てるべき15のものとは?
それは、悲劇までのカウントダウン。束縛女を安易にLINEブロックした、愚かな男
夫のカバンからラブホのポイントカードが... 妻の「浮気のライン」にツッコミ相次ぐ
1週間、毎日3個タマゴを食べ続けてみた。わかったことは......
  • このエントリーをはてなブックマークに追加