“アヒル”殺処分終わる、鳥インフル 感染経路特定急ぐ

“アヒル”殺処分終わる、鳥インフル 感染経路特定急ぐ

  • TBS News i
  • 更新日:2016/11/30
No image

食用のアヒルから「高病原性」の疑いのある鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市の農場で30日夜、1万8000羽を超えるアヒルの殺処分が終わりました。

フランスカモと呼ばれる食用のアヒルから「H5型」の鳥インフルエンザウイルスが検出された青森市の農場では、29日未明からアヒルの殺処分を行ってきました。

これまでに、およそ350人を投入し1時間交代で作業を行ったことで、29日午後8時すぎに農場で飼育されている1万8000羽あまり全ての殺処分を終えたということです。今のところ、周辺の農場から異常は確認されておらず、県は引き続き感染経路の特定を急いでいます。

一方、養鶏場のニワトリから同じく「H5型」が検出され、およそ31万羽の殺処分を決めた新潟県の農場では作業終了まで、あと3日ほどかかる見通しです。(30日05:58)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
担任が生徒を『○○菌』...“原発いじめ”に小倉が本気で怒り
【報ステ】千葉・女性集団暴行、新たに医師も逮捕
ニワトリ小屋の金網に穴 鳥インフル発生の農場で
ASKA「尿検査要請に妻が激怒...」明かされた“緊迫の捜査現場”
地下鉄の階段に車=50代男性「駐車場と勘違い」-東京
  • このエントリーをはてなブックマークに追加