シボレー カマロコンバーチブル...48km/h以下で幌開閉可能[詳細画像]

シボレー カマロコンバーチブル...48km/h以下で幌開閉可能[詳細画像]

  • レスポンス
  • 更新日:2018/02/14
No image

シボレー カマロコンバーチブル

もっと画像を見る
昨年11月よりGMジャパンから販売が開始された6代目シボレー『カマロ』。日本へは新開発の2リットルターボエンジンを搭載する「LT RS」と「コンバーチブル」、そして、6.2リットルV型8気筒エンジンのハイパフォーマンスモデル、「SS」が導入されている。

6代目カマロは“Evolution is never without purpose/理由無き進化は無い“をコンセプトに開発された。そのエクステリアは先代よりもコンパクトではあるものの、力強く、ワイドでボリューム感があり、スポーティで彫刻的なスタイリングとなっている。

そのフロントグリルは初代にインスパイアされたデザインで、低くワイドなスタンスを印象付ける。また、現代的なLEDシグネチャーランプや、新たなリアデザインで、新型カマロのアグレッシブなプロポーションを演出。

コンバーチブルのソフトトップは電動で、約48km/h(時速30マイル)までであれば走行中での開閉も可能だ。格納はハードトノカバーの下に収納され、オープン時でも幌が外に出ることはない。またその材質は吸音効果を持つ特殊素材で、クローズド時の静粛性も確保している。

搭載されるエンジンは2リットル直列直噴4気筒ターボで、可変バルブタイミングなどにより、最高出力275ps、最大トルク400Nmを発生。2100~3000rpmの間でピークトルクの90%を発揮する。組み合わされるトランスミッションは8速オートマチックだ。

ブレーキはブレンボ製ハイパフォーマンスシステムをフロントに搭載。ブレーキローター径は320mmで、4ピストンキャリパーを備えている。

価格は602万6400円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パチンコホール、「出玉規制」で倒産激増?ヘビーユーザー離れの危機、大手は異業種参入も
スバル車のボンネットに穴があるワケ そもそもなんのための穴なのか
大王製紙の没落...創業家がカジノ狂いで横領事件、抗争に明け暮れ業界再編に乗り遅れ
コインチェック、「お答えできない」のオンパレード...超高学歴集団の実像
スカイマーク、経営再建後初の国際線チャーター便就航 下町ボブスレー関係者乗せ出発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加