宮里藍「すごく良かった」仕切り直しで上々3アンダースタート

宮里藍「すごく良かった」仕切り直しで上々3アンダースタート

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/09/16

米女子ゴルフのメジャー最終戦エビアン選手権は15日、フランス・エビアンのエビアン・リゾートGCで、前日取り消しとなった第1ラウンドが行われ、この試合で現役を引退する宮里藍(32=サントリー)は5バーディー、2ボギーの68でホールアウトした。

No image

11番、バーディーパットを決め笑顔の宮里藍

3アンダーは、ホールアウト時で4位タイと上々のスタート。前日は悪天候の中10番から出て16番までプレーし3オーバーだった。

また、上原彩子も7バーディー、4ボギーの68で回った。

大会は14日に宮里藍ら一部の選手がスタートしたが、悪天候のため打ち切られて成績は取り消された。15、16日の予選ラウンドと17日の決勝ラウンドの計54ホールで争われる。

▽宮里藍の話(出だしの10番で)チップインのバーディーで気持ちよくスタートできた。よくスコアをまとめられた。全体として、すごく良かった。

▽上原彩子の話 3番でチップインバーディーが取れて、流れが良い方にいってくれた。パットはイメージ通り。前日のスコアがキャンセルされて私はラッキーだった。いい位置につけたので、この運を生かして2日目も伸ばしたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
松山英樹26位「調子を落としている時間が長い」
片岡大育 涙の逆転V「自分の感覚殺して結果重視」絶不調から見事修正12アンダー
畑岡最速V2!どん底米ツアーから復活した背景には
ブリヂストンカンツリー倶楽部[佐賀県鳥栖市]9月23日クラブハウス新装オープン
松山26位変わらず ドライバー乱調「また感覚が悪くなった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加