“肥後のベーブ”ヤクルトドラ1村上 捕手から三塁転向プラン 打力生かす

“肥後のベーブ”ヤクルトドラ1村上 捕手から三塁転向プラン 打力生かす

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

ヤクルトがドラフト1位で指名した「肥後のベーブ・ルース」の異名をとる九州学院・村上宗隆捕手(17)に、内野コンバートのプランが浮上していることが11日、分かった。高校通算52本塁打を放った打力を最大限に生かすため、球団内で議論したとみられる。

No image

九州学院の村上

10月28日に熊本市内の同校で行われた指名あいさつでも、SDを兼任する小川監督は「複数を守れることに越したことはない」と柔軟な考えを示していた。ヤクルトでは捕手の定位置に中村、控えでも打力のある西田もいる。

一方、内野手は二塁手の山田を除き、定位置をつかみきった選手はいない。捕手で鍛え上げられてきた村上のコンバート先は一、三塁が濃厚だが、一塁は強打の外野手が入る可能性もあり、最有力先は三塁になりそうだ。

今季の三塁手はレギュラーで座るはずだった川端が、椎間板ヘルニアの手術で1軍出場なし。荒木や谷内、西浦もポジションを奪取できなかった。来季も本命は川端になるが、腰のコンディションが不透明だ。小川監督が「将来は日の丸をつけてほしい」と話すほどの逸材で、期待が大きい村上の将来性も踏まえて三塁に挑戦させる可能性が高い。

12日には熊本市内で仮契約に臨む。一日でも早く、1軍で自慢の打力を生かせるように、「金の卵」を育てていく。

◆村上 宗隆(むらかみ・むねたか)2000年(平12)2月2日、熊本県生まれの17歳。5歳から野球を始め、詫麻南小では捕手。長嶺中時代は熊本東リトルシニアで捕手兼内野手。九州学院では1年春から正一塁手で同年夏に甲子園出場。1年秋から正捕手となり、3年夏は熊本大会決勝で秀岳館に敗退。1メートル87、95キロ。右投げ左打ち。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「伝統と挑戦」巨人が来季から使用する新マーク発表
阪神青柳「自立しないと」退寮→人生初1人暮らしへ
DeNA・今永がダンス披露 ハマスタレジェンドマッチ
NMB48山本彩に野球について聞いてみた 野球にハマったきっかけは?さや姉熱弁の“おすすめ&注目選手”は?<インタビュー>
どん底味わった2人の男、最下位ロッテに加入 新風吹かせるか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加