最新ランキングをチェックしよう
拙速な緊縮財政により目先の金利が低いことは長期的な高騰のリスクに

拙速な緊縮財政により目先の金利が低いことは長期的な高騰のリスクに

  • ZUU online
  • 更新日:2017/10/14

シンカー:将来の高齢化を過度に懸念し、足元の緊縮財政を過度に進め、経済低迷とデフレから早期に脱することができなければ、10年後の金利水準は低いが、投資不足がもたらす生産性の低迷による供給能力の弱さと、所得の縮小による民間貯蓄の不足で、20年後の金利水準は高騰し、財政ファイナンスはかなり不安定になっているだろう。将来の高齢化による民間貯蓄の不足が心配だと、ミクロ・会計の論理で、マクロ動学的な論理を無

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
150万円以下からのキャンピングカー生活!格安で始められる「軽キャンパー」6選
新規免許取得者の半数がAT限定の日本で今「MT車ブーム」が起きている理由を考える
アスクルはアマゾンに勝つ...なぜ後発のロハコは成功したのか?
4月からJR東日本の新幹線近距離区間はSuicaやPASMOで乗れるようになるって知ってた?
【大阪オートメッセ2018】さらに戦闘力UP!? 学生が作ったトヨタ「WILL VS」とは!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加