秋田豊氏「頭の上やられた」118分間死闘振り返る

秋田豊氏「頭の上やられた」118分間死闘振り返る

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

97年11月、イラン戦でパスを出す秋田

サッカー日本代表が悲願のW杯初出場を決めた「ジョホールバルの歓喜」から16日で20年となる。98年フランスW杯アジア最終予選、アジア第3代表を懸けたイランとのプレーオフ。岡野雅行のゴールデンゴールに日本列島が歓喜に揺れた。当時の選手たちは何を思い、今どう感じているのか。今も語り継がれる激闘を振り返る。(敬称略)

DF秋田は得意とするヘディングで競り負けた。後半14分に「オレの頭の上からやられた」と、アジア最強ストライカーと称されたダエイに、一時逆転弾を許した。ただ「後半45分が終わって、勝利を確信した。我々より相手は確実に疲れていて、足が止まっていたから」という。延長も含め118分間、ダエイをマークし続け「終わったらすべての関節が痛かった」と死闘を振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハリルを知る外国人記者が疑問視「日本の選手をトップレベルに成長させるメンタリティの持ち主か?」
もしあれが「雪の決勝」じゃなかったら? 当時の本山雅志が考えていたのは意外にも...
乾貴士がフル出場で快勝「久しぶりにはまった」
バスケ男子日本代表 合宿公開 ラマス監督「4選手がチームの核となる」
J1デビュー果たした2000年生まれのMF。FC東京・平川怜が実力で勝ち取った舞台
  • このエントリーをはてなブックマークに追加