東京Vが7戦ぶり勝利、途中出場ヴィエイラ決勝弾

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11

<明治安田生命J2:東京V1-0熊本>◇第27節◇11日◇味スタ

東京ヴェルディは、ホームで7試合ぶりの勝利を収めた。

前半10分、ロアッソ熊本のDF村上巧(27)が相手選手を倒し、レッドカードで一発退場。序盤から東京Vに有利な試合展開となった。

スペイン3部ビジャレアルBから完全移籍し、4試合目の先発となったFWカルロス・マルティネス(31)が前半20分、37分にヘッドでゴールを何度も狙ったが、熊本GK畑実(28)に阻まれた。

後半44分、途中出場したFWドウグラス・ヴィエイラ(29)が味方からのクロスに頭で角度を変え、ゴール右に突き刺し、これが決勝点となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
構想外を告げられた2011年、当時浦和の坪井慶介は堀新監督に何を感じたか?
Jリーグで「違う選手を退場」させる大誤審
団体戦は8月2日から、南東北インターハイ女子出場51校を一挙紹介!
「本当に感謝します」シャペコエンセ主将も感激、浦和サポが届けた“メッセージ”
福岡が元U-23ブラジル代表DFを獲得「全力で戦いたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加