鹿島ドロー発進 2835日ぶりに内田が帰ってきた!

鹿島ドロー発進 2835日ぶりに内田が帰ってきた!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/19
No image

攻め込む内田(共同)

「アジアCL・1次リーグ、鹿島1-1上海申花」(14日、カシマサッカースタジアム)

第1戦が行われ、G組で天皇杯全日本選手権覇者のC大阪はアウェーで済州(韓国)を1-0で下した。H組の鹿島はホームで上海申花(中国)と1-1で引き分けた。1次リーグは32チームが東西で4組ずつに分かれて行われ、各組上位2チームが決勝トーナメントに進む。

背番号2が帰ってきた。DF内田がフル出場した。終了間際に強烈なシュートを放ち、再三のオーバーラップから好機を演出。「長い間フル出場できていなかったからうれしかった。勝てればよかったけど、悔しかった」と振り返った。古巣での公式戦出場は10年5月12日以来2835日ぶり。「素晴らしい戦い。自信を持っていい。個人的にもある程度できた」と手応えを口にした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
次なる一手はお風呂!? Jリーグの“常勝軍団”鹿島が仕掛ける「スタジアムビジネス」
五輪の観客に紛れる「ホワイトフレンズ」とは誰?
ウォール・ストリート・ジャーナル
“駆け込み移籍”も!? JFAが最新「移籍リスト」発表! 29選手の去就がいまだ不透明
C大阪清武が負傷し全治6週間 W杯代表復帰厳しく
C大阪・清武、全治6週間のケガ 来月の遠征参加も絶望的に...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加