日本航空石川が敗退、試合後バックネットにも一礼

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12

<明治神宮野球大会:静岡6-4日本航空石川>◇12日◇高校の部2回戦◇神宮

日本航空石川(北信越・石川)が9回の追い上げも実らず、静岡(東海・静岡)に敗れた。1-6で迎えた9回、先頭の6番小板慎之助内野手(2年)の右前打から4連打。犠飛も加えて2点差まで詰めよるも、あと1歩及ばなかった。4回途中からリリーフ登板した来秋ドラフト候補の大橋修人投手(2年)は「まだ実力が足りない。真っすぐも変化球の精度も」と反省した。

試合が終わると、日本航空石川ベンチ側の一塁スタンドに一礼したあと、バックネットに向かって一礼。中村隆監督は「いろいろ騒がせてしまったことがあったので、その意味を込めて」と説明した。10日の1回戦・日大三戦で、三塁走者がホームインした際に捕手と接触したことが、危険行為とみなされていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
京大卒のロッテ戦力外田中、引退し三井物産へ就職
「新リプレー検証」導入と同時に知ってほしい審判の苦労
セ新人王の2位票「阪神・大山49票」「横浜DeNA浜口27票」を巡って騒動
恩師・郭李が予言!阪神新助っ投・呂は「将来的に日本で成功するはず」
情報戦でV奪回!巨人に『侍の頭脳』志田宗大スコアラー招へいへ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加