亜大の1年生右腕・平内が初先発で12K初完投勝利!

亜大の1年生右腕・平内が初先発で12K初完投勝利!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

リーグ戦初先発初勝利を初完投で飾り、グラブを手に笑顔を見せる亜大・平内

「東都大学野球、亜大5-2中大」(11日、神宮球場)

亜大が連勝。勝ち点3とした。平内(へいない)龍太投手(1年・神戸国際大付)がリーグ戦初先発初勝利を挙げた。

自己最速まであと1キロと迫る150キロを計測した直球は威力十分。鋭く落ちるスライダーも効果的で、12三振を奪った。九回2死から失点して惜しくも完封は逃したものの、6安打2失点で完投した。

プロ志望届を提出した昨年は指名なし。悔しさを胸に「ここでもう1回成長しよう」と亜大に進んだ。現在使用するグラブには、昨年のドラフトの日付が刺しゅうされている。

入学前のキャンプで右太ももを疲労骨折。夏には、今度は投球練習中に左脇腹の肉離れを発症した。それでも、生田勉監督は「ものすごく練習をする。頑張り過ぎてケガをしてしまう子」と期待。傷が癒えた今秋は「どこかで先発をさせようと思っていた」と、満を持して送り出したマウンドだった。

「やっと先発を任せてもらえてうれしかった。楽しみで緊張はなかった。チームが勝てたことが一番うれしい」と笑みを浮かべた平内。3年後のドラフト1位指名を目標に掲げる185センチ、88キロの大器が、堂々たる投球でつかんだ初白星だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
吉田沙保里、村田の試合に興奮「あの階級で日本人が活躍してよかった」
注目の清宮、競合必至=安田、中村も1位候補-プロ野球・ドラフト候補を探る
ラミレス監督◎継投!雨で2試合流れてできた選択肢
荒木氏、日本ハム2軍監督就任!燕時代の“同僚”栗山監督支える
本塁打王ゲレーロ 中日の評価が驚くほど低い理由とは
  • このエントリーをはてなブックマークに追加