ボーズが同社史上最小かつ最も〝丈夫な〟ポータブルBluetoothスピーカーを発売

ボーズが同社史上最小かつ最も〝丈夫な〟ポータブルBluetoothスピーカーを発売

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/15

ボーズは同社史上最小で、最も〝丈夫な〟ポータブルスピーカー『SoundLink Micro Bluetooth speaker』を発表。9月22日より発売を開始する。価格は1万2750円。

No image

「Micro」の小さなボディには、数多くのテクノロジーがぎっしりと詰め込まれている。新開発のトランスデューサー(振動板を含むフルレンジユニット)、小型デュアル・パッシブラジエーター(低音用ユニット)、そして充電式リチウムイオンバッテリーなどだ。これらは、ひとつの超小型システムとして統合的に機能するように同時に開発されたという。

その結果、最大連続再生6時間にわたって、手のひらにすっぽりと収まるボディから驚異的にパワフルでクリアなサウンドと深みのある低音をデリバリーし続ける、まったく新しいモバイルオーディオが誕生した、と同社では説明している。

No image

同時に「Micro」は、高い堅牢性を備えている。夏の酷暑や冬の厳寒の中でも使うことができ、公式準拠するIPX7を上回る耐水性能を装備。それだけでなく、洗剤や塩素を含んだ水や塩水に耐える試験もクリアする、丁寧な防水処理が内外に施されている。雨や雪の中でも、水を張ったシンクやプール、海に落としてしまっても、「Micro」のサウンドが途切れることはない。

ボディはソフトシリコンで覆われ、傷、へこみ、ひび割れ、衝撃、落下に強く、ほこりや土、砂の侵入も防ぐ。また裏面についている丈夫なストラップを使えば、バッグやリュック、自転車やクーラーボックスといった移動時の様々なツールに簡単に取り付けることが可能だ。

No image

さらに、使いやすさや便利機能も追求。Bluetoothのペアリングなども簡単に行なえる音声ガイドの他、ワンプッシュで内蔵スピーカーホンの受話/送話、VPAの起動が行えるマルチファンクションボタンも備えており、わざわざスマホに手を伸ばす必要はない。また無料アプリ「Bose  Connect app」を使えば、他のSoundLink製品と2台同期させて、「ステレオモード」(左右の音声チャンネルを2台のスピーカーに振り分けて再生)や「パーティモード」(2台のスピーカーから同じサウンドを同時再生)での使用も可能だ。

本体サイズは直径98×厚さ35mm、290g。本体カラーは、ブラック、ミッドナイトブルー、ブライトオレンジ。

No image

関連情報

http://www.bose.co.jp

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
〝好みの声〟で起こしてくれるソースネクストの目覚ましアプリ『WakeApp!』
憧れのビルトイン食洗機が期間限定の特別価格に! ミーレ・ ジャパン25周年記念モデル販売中
Oculus創業者「東京にVR関係の研究所を検討」 コスプレ姿で語る
16コア/32スレッドのハイエンドCPU「Xeon Gold 6130」
TGSで「VIVE」を採用したVRを厳選紹介、その理由も聞いてみた!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加