ゴミがお宝に!商店街の垂れ幕が人気バッグに

ゴミがお宝に!商店街の垂れ幕が人気バッグに

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/04/17
No image

動画を見る(元記事へ)

シリーズ「ごみがお宝に大変身!」。17日に注目するのは、商店街で大量に廃棄される売り出しなどの垂れ幕だ。あっという間に人気商品に生まれ変わった。

皆さんが驚いているのは、ごみから作ったある商品。それは、東京・港区の麻布十番商店街で廃棄されるごみから作られている。商店会で季節のイベントごとに宣伝などで街中に設置している垂れ幕。その数100枚以上。年に10回ほど交換するので、使用する垂れ幕は年間で1000枚以上にも上る。これまでは交換する度に破棄してきたが、去年から再利用を始めた。一体どんなものに変わるのか。不要になった垂れ幕が持ち込まれたのは、地元にあるぬいぐるみなどを作る縫製工場。まずは、ぬれ布巾で丁寧に垂れ幕の汚れを落としていく。洗い終わると、図面に沿って線を引いて慎重にカットしていく。さて、何を作っているのか分かるだろうか。カットされた垂れ幕を今度はミシンで縫っていく。作業すること約1時間。でき上がったのは幅45センチ、高さ35センチのトートバッグだ。雨風にさらされても劣化しにくい耐久性の強い垂れ幕の生地で作ったバッグは頑丈だ。ちなみにこのバッグ商店街で販売中だ。販売している店舗は全部で5カ所。地元の人たちからは買い物バッグとして人気なんだとか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【GU】低身長さん向けドットスカート
直線運動する8つのボールが、円運動する円に見えてしまう錯視
「仕事でいちばん大事なこと」に気づかせてくれた名言とは!?【はあちゅうのお仕事名言博物館】
おそるべし、馬場ふみか。パンチとキックの基本が自然とできていた!
アルペンの安全靴「イグニオ」がカッコ良すぎて思わず衝動買いしてしまった! 高機能で格安だから買わない理由に悩む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加