宮本亜門氏 がん手術後「自分にも他人にも優しく」

宮本亜門氏 がん手術後「自分にも他人にも優しく」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/06/12
No image

「蝶々夫人」の会見で笑顔を見せる宮本亜門氏(左)と高田賢三氏

5月22日に前立腺がんの手術を受けた宮本亜門氏(61)が12日、演出する東京二期会オペラ「蝶々夫人」(10月3~6日、東京文化会館)の会見に出席し、術後の経過を話した。

5月22日に手術を受け、6月1日に退院したという。「大丈夫ですが、初めての手術なので、また体力は戻っていない。前立腺がんはほとんど治るものなので、せっかちな僕ですが、ゆっくりと治そうと思っています」。今週中に仕事でニューヨークに行き、帰国後に術後に初めての検査を受けるという。「仕事はノンストップでやってます。がんになって、楽しいことを考えるようにしたり、考え方も変わったし、自分にも他人にも優しくなった。苦しいことがあるからこそ、今を懸命に生きようと、エネルギーになっているし、強くなった」。

「蝶々夫人」はドイツ・ザクセン州立歌劇場などとの共同制作で、衣装はデザイナーの高田賢三氏(80)が担当する。宮本は「やりたかったので、話が来た時は心が震えた。新たな『蝶々夫人』を作りたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】田中将大、今季初&メジャー4度目の完封! 9回2安打10Kの快投で5勝目
鼻骨折も6勝目“不死身”シャーザーをMLB公式驚愕 「球界で最も恐ろしい男」
【MLB】マチャドに前代未聞の“個人攻撃”審判団体に米ファン激怒 「これは名誉棄損だ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加