終了間際の決定機を決められず......悔しさを滲ませる土居は「“持ってなかった”」

終了間際の決定機を決められず......悔しさを滲ませる土居は「“持ってなかった”」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2016/11/30
No image

11月24日発売号の特集は「J1&J2全40クラブの3大強化ポイント」をお届けします。またクラブダイジェストはJ2優勝で5年ぶりのJ1昇格を果たした札幌です。

No image

果敢にゴールを狙った土居だが、結果を残せず。第2戦に向けては「次は割り切って戦える」と、より攻撃的な姿勢を見せるつもりだ。写真:徳原隆元

終了間際のビッグチャンスだった。

左からのクロスにヘッドで合わせる。後ろにすらすような巧みな“一撃”だったが、ボールは枠を捉え切れなかった。

「自分としては、シュートに行ったというより、後ろの選手にそらした感覚だったんですけど……。まあ、そういうのも含めて、“持ってなかった”のかな、と」

川崎との準決勝に続き、金崎との2トップで先発した土居は、この日も90分間、攻守に走り回ったが、結果を残すことができなかった。

チームとしてはPKによる1失点を喫したが、「守備に関してはほぼ完璧だったと思う」。攻撃は無失点に終わったものの、「まったくシュートが打てなかったとか、全然崩せなかったわけでもない。チャンスは作れていた」と手応えを口にする。

内容面で大きく劣っていたわけではない。だが、「チャンピオンシップは、内容どうこうよりも、結果」と唇を噛み締めた。

アウェーで迎える第2戦は「2点取らなければいけない」。川崎戦ではシュートゼロだった。この日は、決定機を演出できた。あと一歩――。

「もっとアグレッシブに。次は割り切って戦えるので。行けるかな、というよりも、行かなければいけない」

奇跡の逆転優勝を演じるには、とにかくゴールが必要だ。より攻撃的に戦うしかない第2戦で、チームに歓喜を呼び込む「結果」を期待したい。

取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なでしこ川村「もう1度世界一」DFリーダー名乗り
U19日本アルゼンチンに逆転負け、久保は途中出場
[MOM408]九州共立大MF角康平(2年)_ベンチ外だった“夏”を乗り越え、歴史的ゴール奪取!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加