【MLB】メッツ豪球右腕が地元紙に長髪カットの理由明かす「球速をもっと上げるため」

【MLB】メッツ豪球右腕が地元紙に長髪カットの理由明かす「球速をもっと上げるため」

  • フルカウント
  • 更新日:2017/11/13
No image

メッツのジェイコブ・デグロム【写真:Getty Images】

2017年の平均球速は約153.7キロだったが…

メジャーには個性的な髪型をした選手が多いが、メッツ投手陣の長髪はよく知られるところだ。シンダーガードとデグロムの豪球右腕コンビは、誰もがうらやむような豊かな髪をなびかせながら、マウンド上で躍動する姿が印象的だ。だが、今オフを迎えたところで、デグロムが自慢の長髪をカット。まさかの出来事にファンの間では激震が走ったが、ここへ来て右腕が地元紙に“断髪”の理由を明かしている。その理由とは「球速アップのため」だった。

地元紙「ニューヨーク・デイリーニュース」電子版によると、デグロムは髪を短くした理由について「調べたところでは、髪が短い方が実は素速い投球動作をとれ、速球の球速が2マイル(約3.2キロ)上がるっていうんだ」と話したという。本当なのか冗談なのか、その真相は闇の中だが、MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」によれば、2017年のデグロムの平均球速は95.53マイル(約153.7キロ)だったという。今でも手強い投手だが、さらに2マイル加速されれば、鬼に金棒だ。

もし来季、デグロムの球速がアップしたら、メジャー投手はこぞって髪の毛を短くするかもしれない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】“大本命”ヤンキースが大谷獲得へ資金増、トレードで契約金上限の微増成功
グリエルの人種差別行為が全米に波紋。ダルは不快感、本人は「謝罪したい」
MLB公式サイトがすべての「5つ星」キャッチ公開 イチローの美技も登場
上原を「ヤンキースが獲るべき選手」候補に 米サイト報じる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加