巨人が鬼門マツダ勝ち越す 坂本勇人らが菅野援護

巨人が鬼門マツダ勝ち越す 坂本勇人らが菅野援護

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/08/15
No image

試合後、原監督(左)と握手を交わす菅野(撮影・栗木一考)

<広島1-7巨人>◇14日◇マツダスタジアム

亀井、坂本勇、岡本。巨人が誇る打線の軸で7回に貴重な2点を奪いエース菅野を援護した。

先頭の1番亀井が右前打で出塁すると、2番坂本勇が野村の初球、137キロのカットボールを左中間に運んだ。適時二塁打で勝ち越し、三塁側ベンチに両手を上げてガッツポーズ。「亀井さんが一塁から走ってくれた。勝てて良かった」と喜んだ。

さらに無死二塁から丸の進塁打(二塁ゴロ)で1死三塁とすると、3打席連続三振だった4番岡本の打席で苦しめられていた広島野村が降板。岡本はフルカウントから高めに浮いた120キロのカーブを左前に運び、大きな3点目を奪った。

原監督は「今日は後半の野球がジャイアンツにありましたね」と評価。9回は増田大の中前適時打、陽岱鋼の2点適時二塁打と途中出場組の活躍で3点を追加。13安打で7点を奪い、今季最後のマツダスタジアム3連戦で勝ち越しを決めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人中川11試合ぶり登板「抑えられてよかった」
元TBS・枡田絵理奈アナ、夫・堂林翔太の“誕生日祝いアピール”が痛すぎて批判殺到
鷹・柳田、137日ぶり復活弾! 逆転勝利にお立ち台で絶叫「野球サイコー!」
履正社・井上 決勝での逆転弾は副島以来史上2本目
楽天島内9号3ラン「自分の番」母校星稜の奮闘刺激
  • このエントリーをはてなブックマークに追加