キタサンブラックが帰厩、天皇賞・秋で戦列復帰へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16

宝塚記念9着に敗れたキタサンブラック(2017年6月25日撮影)

宝塚記念9着後に放牧へ出ていたキタサンブラック(牡5、清水久)が16日、栗東に帰厩した。

秋は10月29日東京の天皇賞・秋(G1、芝2000メートル)→11月26日東京のジャパンC(G1、芝2400メートル)→12月24日中山の有馬記念(G1、芝2500メートル)に向かう予定。

清水久師は「いつもより早く戻ってじっくりやっていきます。天皇賞はたたき台ではないので万全の状態で出したい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【こんなオカンになりたい】息子「おもちゃ買わないとパンツの色言うぞ!」→母強し!
セクシーすぎるビキニ美女11人と板尾創路の衝撃カットが公開!
菅田将暉の父、息子を利用したメディア露出に批判の声多く
安室奈美恵、引退美談の裏に隠された“苦しい”事情とは? 精神的に追い込まれていた可能性も
あの名門私立女子高が混乱状態...教員一斉退職、保護者が国に全理事解任要求
  • このエントリーをはてなブックマークに追加