シャペコエンセ搭乗機墜落事故、”燃料不足”が主な原因か?操縦士が管制官と交信

シャペコエンセ搭乗機墜落事故、”燃料不足”が主な原因か?操縦士が管制官と交信

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/12/01
No image

航空機【写真:Getty Images】

現地時間28日、ブラジル1部シャペコエンセの選手たちを乗せた飛行機が墜落する事故が起きた。様々な墜落の原因が報じられる中、操縦士と管制官との交信記録について1日に英メディア『ESPN FC』が報じている。

同メディアによると、操縦士はまず燃料が尽き始めていることと電気系統のトラブルを受けて管制官に対して上陸の許可を繰り返し申し出ていたとのこと。この交信記録から”燃料不足”などが主な原因と見られているが、完全な調査は数ヶ月かかるとしている。

シャペコエンセの選手たちを載せた飛行機はコロンビア・メデジンの近くの山岳地帯に墜落し、Jリーグでプレーした経験のある選手や監督を含む70人以上の人々が亡くなった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ASKAどころではない! ハマると死ぬ世界の最新最凶ドラッグ5選
誰もいないのにノックの音。中国の宇宙飛行士が宇宙空間での恐怖体験を告白
トランプ以後の世界を生きる「羅針盤」となる本
3機のUFO連隊がクッキリ!! ライトを照射して人類の食物を検査していた可能性が浮上
【世界が震撼】謎の四つん這い男の正体判明!自分を「野生の虎」だと勘違いしていた!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加