最新ランキングをチェックしよう
ジカウィルス拡散を防止!合成遺伝子を注入した赤目の蚊を豪米研究チームが開発

ジカウィルス拡散を防止!合成遺伝子を注入した赤目の蚊を豪米研究チームが開発

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2019/02/11

近年、ジカ熱という言葉を耳にすることが多くなった。
ジカ熱はジカウイルスによって引き起こされる感染症だ。2015年に中南米で流行し、2016年初頭にはWHOが「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」 を宣言している。
このジカウィルスの拡散を防ぐべく、オーストラリアの国立科学機関CSIROとカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームが、抗ジカ合成遺伝子を注入した赤目の蚊をつくりだした。
・感染

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「マンモス展」で「古代仔ウマ」完全体冷凍標本の世界初公開決定
脳神経再生に可能性 - サンバイオ、脳損傷への幹細胞治療の有効性を示唆
ウィキペディアの完全コピーが月面のどこかに眠っている
口のまわりに触手が18本。5億1800万年前の古代海洋生物が発見される
ホッキョクグマより巨大? 新種の古代ライオン、ケニアで骨と歯を発見
  • このエントリーをはてなブックマークに追加