LINEアプリで仮想通貨を購入可能に、LINE Payと連携

  • Engadget
  • 更新日:2019/09/17
No image

LINEアプリで仮想通貨が買える取引サービス「BITMAX」の提供が本日(9月17日)始まりました。LINEのブロックチェーン子会社 LVCが運営。現時点ではAndroidでの先行展開となります。

「BITMAX」は、LINEアプリの「ウォレットタブ」からアクセスでき、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5通貨を取り扱います。

利用には本人確認が必要。確認手段は「銀行口座登録と身分証確認」「スマホでカンタン本人確認」「郵送で本人確認」の3種類を用意します。

モバイル送金・決済サービスの「LINE Pay」とも連携。すでにLINE Payで本人確認を終えているユーザーは「BITMAX」での本人確認手続きを短縮できます。日本円入金は「LINE Pay」からの入金、もしくは「LINE Pay」に登録している銀行口座からの入金の2通りを用意します。

No image

LINEは仮想通貨取引サービスについて『すでに多くのユーザーを抱えている」としつつも「まだまだアーリーステージであり、今後拡大する可能性をもつ領域』とコメント。

また、仮想通貨については『Fintechにおける新たなユーザーニーズ、そして技術的な次世代パラダイムの可能性を持つ分野』だといい、仮想通貨に用いられるブロックチェーン技術については『多方面にて実証実験が進み、今後のエコシステムや経済システムを変える可能性を秘めている』と述べました。

なお、LINEは独自ブロックチェーンネットワーク「LINE Chain」を基盤とした「LINKエコシステム」および「LINK Point」と「LINK」を発表するなど、ブロックチェーンへの取り組みを強化しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Instagramでサードパーティー製アプリの管理が容易に
Sonar Pocket特集、ユニカビジョンで放映
デザインが新しくなり音質もパワーアップした第3世代「Amazon Echo」でAlexaにいろいろしゃべってもらいました
Pixel 4に搭載されるGoogleの最新録音アプリはリアルタイムで自動文字起こし可能
iOS13.1.3、iPadOS 13.1.3が公開、様々な不具合を修正
  • このエントリーをはてなブックマークに追加