35年前のスイートコーン缶が生きていた? 英フードバンクが寄付された骨董品級の缶詰めを披露

35年前のスイートコーン缶が生きていた? 英フードバンクが寄付された骨董品級の缶詰めを披露

  • ねとらぼ
  • 更新日:2017/10/12

10「d」……? ドルではない

本来フードバンクは、品質に問題がないにもかかわらず包装の傷みなどがもとで流通できなくなった食品を引き取り、生活困窮者などに配給する団体。以前にも1970〜80年代の缶詰めが寄付されたことがあり、同団体はそれらをまとめた動画を各メディアへ提供しています。

同団体は1つを開封して確認することに。35年前のものとされるスイートコーン缶を開けたところ、意外にも中身はきちんと形を保っていました。

(沓澤真二)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「このハゲ~!」発言の豊田候補...ひとりだけの“みすぼらしい選挙”でも好奇の目?
「授乳中だから」抗生剤を拒否した母、髄膜炎で死亡(英)
アメリカ人の半数近くが異星人の存在を信じており、地球を監視するために定期的に訪れていると思っている(最新調査)
【盗撮事件】民泊に宿泊したカップルがベッドに向けられた「隠しカメラ」を発見 → 宿主は逮捕

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加