西武の満塁男外崎、7球ファウル粘り右犠飛

西武の満塁男外崎、7球ファウル粘り右犠飛

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/17
No image

西武対ソフトバンク 2回裏西武1死満塁、右犠飛を放った外崎はチームメートとタッチをかわす(撮影・山崎安昭)

<西武3-2ソフトバンク>◇17日◇メットライフドーム

満塁男の西武外崎修汰内野手(24)が、粘りに粘って先制点をもぎ取った。

2回1死満塁、ソフトバンク先発の千賀に食らい付いた。ファウルを7球連続で打った後、14球目のスライダーを右犠飛とした。「スライダーです。必死に粘りました。最後は、外野まで運べて良かったです」。この回、千賀は43球を投げる羽目となり、2回で58球となった。

外崎は今季、満塁での打率は4割ちょうどで、16打点目と勝負強い。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ホークスの"厚すぎる選手層"経営上の狙い
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
ロッテ新監督井口一本、勝てるかつ人気&実績で決断
  • このエントリーをはてなブックマークに追加