「韓国はPKに泣き、日本はPKで笑った」コロンビア戦の奮闘を韓国メディアも手放しで称賛!

「韓国はPKに泣き、日本はPKで笑った」コロンビア戦の奮闘を韓国メディアも手放しで称賛!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/06/20
No image

コロンビア戦の勝利は、チーム全員の「闘志」が生んだものだった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

No image

香川や長友らの活躍に韓国メディアは「日本代表のベテランは役割を果たした」と賛辞を贈った。(C)Getty Images

ロシア・ワールドカップのグループリーグ初戦でコロンビアを相手に大金星を挙げた西野ジャパン。この結果は、韓国でも大々的に報じられている。

「日本対コロンビア2-1の“異変”…日本サッカーは違った」(『韓国経済TV』)
「日本、“10人”のコロンビアに勝利…4年前の惨敗の雪辱晴らす」(『SBSニュース』)
「日本がコロンビアを破り16強へ青信号“ワールドカップでアジアが南米に初勝利”」(『MTN』)

など、スポーツ紙のみならず、一般紙や経済紙などでも大きく取り上げられていることからも、韓国が受けた衝撃の大きさが伝わってくるだろう。

日本の試合運びを評価するメディアも多い。

例えば、『SPOTVNEWS』は「幸運を勝利に変えた日本…後半にコロンビアを圧倒した」と報じている。記事は、開始3分にコロンビアのカルロス・サンチェスが退場し、数的優位になった日本が後半から相手守備の裏を狙う戦い方に変えたと報じ、「これが勝利への伏線になった」と分析。コロンビアはラインを下げるしかなく、試合は一方的な展開になったとし、「幸運は準備のできている者だけが掴めるというが、日本は実力でコロンビアを圧倒し、8年ぶりに勝点3を勝ち取った」と綴っている。
また、日本選手の活躍を取り上げるメディアもあった。

「西野監督、“ベテランの力+日本らしいサッカー”でコロンビアを制圧した」とヘッドラインを置いたのは、『XPORTSNEWS』だ。記事は、歴代最高齢の日本代表はパフォーマンスが不安視されていたとしながら、「しかし、日本代表のベテランは役割を果たした」と報道。「香川は冷静に先制ゴールを決めた」「長友はディフェンスをリードした」、そして「本田は決勝ゴールをアシストして、衰えていない左足のキック能力を見せつけた」と伝えている。

決勝ゴールを決めた大迫勇也を取り上げるメディアも少なくない。「日本の大迫勇也、“コロンビア戦の勝利を呼び込んだ決勝ゴール”」(『Newsen』)、「“ヘディング決勝ゴール”大迫、コロンビアを撃沈」(『スターニュース』)といった具合だ。

その一方で、初戦のスウェーデン戦に0-1で敗れた韓国と比較するメディアもあった。

『SPORTSQ』は、「日本サッカー、コロンビアに痛快なリベンジ…韓国と似て異なる点は?」とした記事で、「初戦でもどかしい攻撃を見せたのは韓国も日本も同じだった」としながら、「だが、それでも日本は結果を残した」と伝えている。
また、『スポーツ・ソウル』は、「韓国と日本の明暗を分けたPK、ロシア・ワールドカップの重要な変数に」とした記事で、韓国がスウェーデン戦でPKで失点したことを振り返りながら、「韓国はPKに泣き、日本はPKで笑った」と報じた。

さらに、「“闘志と切実さ”日本がシン・テヨンコリアに示した教訓」と題した『デイリーアン』の記事は、韓国が敗れた翌日の出来事であるため「韓国と日本を比較せざるを得ない」と前置きしつつ、コロンビア戦でもっとも目立った日本の武器は「闘志」だったと報道。枠内シュートの数がコロンビアを上回ったことなどを紹介しながら、日本の攻撃の積極性を評価し、「日本は技術で上回れなくても勝てるという根性を見せてくれた。次は韓国が見せる番だ」と綴っている。
そのほかにも、「日本のように…韓国の勝利のカギは“セットプレー”」(『蹴球ジャーナル』)、 「“サランスクの奇跡”を起こした日本…羨ましい韓国」(『スポーツトゥデイ』)など、日本と韓国の結果を比較するメディアは数多い。

コロンビアを相手に大金星を挙げた西野ジャパン。初戦を落とした韓国にとって、その勝利が余計に眩しく映ったことは間違いなさそうだ。

取材・文●李仁守(ピッチコミュニケーションズ)

参照元:スポーツ・ソウルC大阪ユン・ジョンファン監督がコロンビア戦を分析。日本と韓国は何が違ったのか

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クロアチア女性大統領、モドリッチらと涙の抱擁
【投票結果】日本代表の新エースに選ばれたのは堂安律! 柴崎岳や久保建英も上位にランクイン
突破力示したFW晴山はじめ、U-17新潟選抜は前へ、前への攻守。U-17代表苦しめ、地元観衆も拍手
乾と大迫がイベントで強力タッグを結成!マッチアップした女の子は感激のあまり号泣!
デル・ピエロ&ピルロが登場!NTTドコモ「FUTURE-EXPERIMENT Vol.3」で未来のパブリックビューイングを体感!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加