Dバックス平野の背番号が決定、WBCでも背負った「66」

Dバックス平野の背番号が決定、WBCでも背負った「66」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2018/01/14
No image

昨年3月のWBCでも「66」を背負った平野佳寿

◆ 3年連続キャンプ招待の中後は「64」

ダイヤモンドバックスに移籍した平野佳寿投手の背番号が「66」に決定。球団の公式サイトで発表された。

元オリックスの平野は昨年12月、海外FA権を行使しダイヤモンドバックスと2年総額600万ドル(約6億8000万円)プラス出来高で合意。同球団に日本人選手が入団するのは、2012年の斎藤隆以来、2人目となった。

平野はNPB通算549試合に登板し、48勝69敗156セーブ、防御率3.10の成績をマーク。ダイヤモンドバックスは昨季39セーブを挙げた守護神・ロドニーがツインズへ移籍し、平野は新守護神候補として期待されている。

オリックス時代に着用していた「16」は、内野手のクリス・オーイングスが着用。平野は昨年3月のWBCでも身にまとった「66」を背負うことになった。

また、昨季ダイヤモンドバックス傘下のマイナーでプレーした中後悠平投手が、今季も招待選手として同球団のキャンプに参加。こちらの背番号は「64」に決まり、2月14日から平野らとともにバッテリー組の練習に参加する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東大・浜田監督「野球は地頭が良くなるスポーツ」
巨人・由伸監督、若手強化プラン!松井臨時Cに「見てもらう」
中居正広、“8大会連続”五輪キャスター就任にファン歓喜!
阪神「天地会」、故星野氏に黙とう...吉田氏「彼がタイガースを変えてくれた」
由伸巨人の復活Vを阻む「アキレス腱」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加