イチロー「2番・中堅」5戦ぶり先発で初回に左前打

イチロー「2番・中堅」5戦ぶり先発で初回に左前打

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15
No image

試合前にマリナーズ時代の監督だったフィリーズのマクラーレン・ブルペンコーチと談笑するイチロー(撮影・小林信行)

「フィリーズ-マーリンズ」(14日、フィラデルフィア)

マーリンズのイチロー外野手(43)は「2番・中堅」で出場し、初回の打席で左前打を放った。5戦6打席ぶり(2四球含む)の快音でメジャー通算3074安打とした。

8日のブレーブス戦以来、5試合ぶりに先発出場したイチローは、初対戦の右腕トンプソンに対し、カウント1-2と追い込まれながら、外角の140キロの変化球をきっちり捉え、レフト前へ運んだ。

この日の守備位置は8月9日のナショナルズ戦以来となる中堅。試合が成立すれば、43歳327日で自身がもつ中堅スタメン出場のメジャー最年長記録を更新する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「最驚のMVP」歴代1位にイチロー 懐疑的な見方覆し栄冠、MLB公式サイト選出
イチローは「求められること全てやってる」 去就気にするファンに米記者回答
満塁弾浴び8失点=失投続いた田中-米大リーグ・ヤンキース
56発スタントンを“本気”にさせたイチローの長打力 コーチが明かす秘話
攻守で活躍の青木宣親、9月打率.315、メッツファンは「残留させるべき」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加