秋篠宮さま誕生日会見の全文(3)

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/11/30

【問4】
両殿下にお伺いします。眞子さまは数多くの公務に取り組まれる傍ら,特任研究員としての勤務,大学院へのご入学など,研究の面でも新たな一歩を踏み出されました。佳子さまは,この1年は国際基督教大学での学業とともに,公務にも取り組まれています。お二人の近況をお聞かせください。将来的に皇族の減少が懸念される中,親としてお二人の結婚や将来の活動についてどのようにお考えになっているかもお聞かせください。

秋篠宮さま
近況は多分私よりもこちらの方がよく知っていると思いますので,(紀子さまの方を向かれながら)あなたからにしてください。

紀子さま
この1年をふり返りますと,長女の眞子は,昨年の12月に初めて外国の公式訪問をし,エルサルバドルとホンジュラスを訪れて,今年の9月にはパラグアイを訪れました。それぞれの国で温かく迎えていただいたと,長女は帰国してから話してくれました。また,今でもそれぞれの国で出会った方々との思い出を大事にしているようです。博物館での仕事や大学院での勉学がある中で,外国訪問や国内の行事に出席する前にも,関係者からお話を伺ったり,挨拶文を丁寧に考えたりして,時間をかけて準備していました。求められているこうした務めを一つ一つ心を込めて,誠実に果たしているように思います。

次女の佳子は,大学生として様々な分野の学問にふれ,勉学に取り組んでいます。大学が休みのときは,公的な行事に出席しています。今年の9月には,全国の高校生が参加する行事に出席するために,次女は鳥取県を訪問しました。10月に地震があって,次女が訪れた倉吉市などの地域も被害にあい,心配をしている様子でした。その後,長女が鳥取県の米子市で開催された行事に出席した折に,被災された方々にお会いしてお話を伺い,長女が東京に戻りましてから自分の妹にその話をしていました。

秋篠宮さま
近況については,かなり重なってしまうことが多いかなと私は思いますけれども,長女は博物館での仕事をしつつ,大学院の博士課程に入ったわけですが,その前の時期,つまりイギリスにいた辺りから,大分自分がやってみたい対象というのが,まだうんと絞っているわけではないと私は思いますけれども,頭の中に描けるようになってきたように思います。そんなにふだんよく話すわけではありませんが折に触れて,私も同じ博物館に所属していることもあるわけですけれども,そういうことを話す機会があります。また次女については,家内が話したとおりですけれども,大学の授業,そしてまたかなり課題も多いのでしょうか,一所懸命に取り組んでいるなという印象があります。まだ他にもありましたでしょうか。

(記者)お二人の結婚や将来の活動についてのお考えもお願いいたします。

秋篠宮さま
考えてみますと私たちも比較的若くて結婚して,今の長女の年齢の時には,つまり私が25歳の時に長女が生まれていますし,それから3年後に次女が生まれています。それで今,もうじき51歳ですが,比較的自分が若いうちに子供もある程度の年齢になっていることから,何と表現していいのか分かりませんけれども,ある意味大人としての話を楽しむことができているように思います。これは悪いことではないなと思います。ただこれは人それぞれ考えも違いますので,私は結婚については娘たちの意思をできる限り尊重したいなと思っております。それから将来の活動については,将来というのはもうすぐ先も含めて将来になるわけでしょうが,これからも活動の幅が広がるかもしれませんけれども,今は頂いた仕事を一つ一つ真摯に務めていってくれればいいなと考えております。

紀子さま
質問の答えの順序が少し変わりますが,将来のことを含めて,これからの活動ということになりますと,娘たちが一つ一つの公的な務めを大事に果たしつつ,自分の判断を大事にして,経験を積み重ねていってほしいと考えています。そして結婚については,娘たちの気持ちや考えを大事にしたいと思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
千葉大医学部生の女性乱暴 30歳の研修医も逮捕
【報ステ】千葉・女性集団暴行、新たに医師も逮捕
千葉大医学部生3人の実名公表、新たに医師逮捕
NHK籾井会長が任期満了直前で見せた「哀愁の粘り腰」
ASKA「尿検査要請に妻が激怒...」明かされた“緊迫の捜査現場”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加