【5分でできるおつまみレシピ】即席オイキムチ

【5分でできるおつまみレシピ】即席オイキムチ

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/07

■連載/ムッシュ・フジタの5分でできるおつまみレシピ

韓国料理屋や焼き肉屋には必ずメニューにあるキムチ。その種類もいくつかあり、白菜が漬けられた白菜キムチや、大根が漬けられたカクテキ、そして、キュウリを漬けたオイキムチが定番ではないでしょうか。

他にも変わり種として、トマトやレンコン、山芋、ズッキーニなどのキムチもあり、意外となんでもキムチ漬けにできちゃうのは面白いところですよね。

…でも、「キムチってどうやって漬けるてるの?」ってところは謎だと思います。その答えは、野菜をヤンニョムという韓国の合わせダレに漬け込めば…、なのですが、今度は「ヤンニョムって…?」ですよね。はいはい、そこの答えは、正確には各家庭によって詳細が違うのですが、大まかにはコチュジャン、にんにく、しょうが、アミエビの塩辛、イワシエキス、韓国唐辛子などがベースになり、そこにプラスαで細かい味付けをしたものとなります。ここまででかなりキムチに詳しくなりましたね!

…ということで今回は、1番シンプルにかつ“それっぽくなる”感じで調味料を厳選してオイキムチを作ってみました。漬け込み時間もほぼなし。作ってすぐに食べれる即席オイキムチですよ!

それでは作り方を紹介しましょう!

用意する食材がコチラ!

『即席オイキムチ』

No image

-材料- 原価
・キュウリ 2本(120円)
・大根 3cm分(20円)
・人参 1/3本(20円)
・塩 適量
・コチュジャン 大さじ1
・豆板醤 小さじ1
・おろししょうが 小さじ1
・おろしにんにく 小さじ1
・ゴマ油 大さじ1
・ナンプラー 小さじ1
・一味唐辛子 小さじ1

(材料費 約160円。調味料は材料費に含めず)

それではお料理タイムアタック、スタート!

【0:00スタート】

1、キュウリを縦長の乱切りにする。

No image

★POINT

本格的なオイキムチは1本丸ごとに対して縦に切り目を入れて具材を挟み込むスタイルが定番ですので、その形にしてもOKです。今回は次の工程の浅漬けの時間を少なくしたかったので細めに乱切りにしました。

【0:30経過】

2、大根、人参は皮を剥いて千切り用スライサーで千切りにする。

No image
No image

★POINT

調理道具の中で1番怪我が多いのがスライサーです。さらに千切り用ともなればとげの様に刃も立っているので十分注意してスライスしましょう。

【1:30経過】

3、切ったキュウリ、大根、人参をビニール袋に入れ、塩を加えてよく揉み込んで浅漬けにする。

No image
No image
No image

★POINT

1~2分は袋の上から揉み続けましょう。しばらくすると水分が出て多少キュウリが柔らかくなってきます。そうなればそのまま袋に入れて放置しておきます。

【3:00経過】

4、ボールにコチュジャン、豆板醤、おろししょうが、おろしにんにく、ゴマ油、ナンプラーを加えてよく混ぜ、ヤンニョム(合わせダレ)を作っておく。

No image
No image
No image
No image
No image
No image

★POINT

このヤンニョムがキムチ味にするための最低限の調味料です。なので、これ以降は味見をして好みの味に変えてもOKです。辛めが好きな人は豆板醤を多くしたり、その他、松の実、すりおろしリンゴなどを加えるとより美味しくなりますよ。また、本来はイワシエキスを使用するのですが、一般的には手に入りづらいのでナンプラーを使用しました。もし韓国食材専門店などでイワシエキスが手に入る場合はイワシエキスを使ってさらに本格的にするのもいいですね。

【4:00経過】

5、浅漬けにしたキュウリをザルに空けて水分をよく搾り、ヤンニョムと和える。最後に一味唐辛子も加えて味の調整をすれば出来上がりです!

No image
No image
No image
No image

【5:00経過】

いかがでしょうか。あっという間にオイキムチが出来ちゃいました。もちろん、本格的なオイキムチに比べるとシンプルな仕上がりですが、とは言えキムチが自宅で出来ちゃうことには驚きですよね。また、浅漬けだからこそあっさりした味わいも美味しく、飽きずにパクパク食べれちゃうのもこの即席オイキムチのいいところ。韓国料理ということでマッコリと相性はよく、もちろんビールのおつまみにも最適な一品ですよ!

『お料理うんちくツイート』~それぞれのキムチの名前~

オイキムチのオイは、ご想像通り韓国語でキュウリのこと。一番定番の白菜キムチはペチュ(白菜)キムチである。ちなみにカクテキはその名前ルールから外れ、カクは漢字でも同じ意味の「角」で、テキは「切り落とし」を意味するものとなり、韓国でもカクテキはキムチの一種のことを指すが、直訳ではキムチではなく“四角く切り落としたもの”となる。

No image

文/ムッシュ・フジタ

南国の某リゾートホテルにてフレンチシェフをやっています。好きな食べ物は焼き肉。

■連載/ムッシュ・フジタの5分でできるおつまみレシピ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

レシピカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
超簡単飲むヨーグルトで作る【ホテル級フレンチトースト】
シンプルだけど辛ウマ!おうちで本格「アラビアータ」を作ってみよう
【冬スイーツ】果汁たっぷり「みかんプリン」を手作りしてみよう!
【卵ありがとう!!】時間がない日は「5分丼」が活躍します♪
忙しい年末年始に!隙間時間で作れるプチ神おかず5選!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加