カシアス内藤息子の律樹TKOで親子東洋太平洋王者

カシアス内藤息子の律樹TKOで親子東洋太平洋王者

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

親子で東洋太平洋王者になった内藤律樹(左)と父のカシアス内藤こと純一会長

<プロボクシング:東洋太平洋スーパーライト級王座決定12回戦>◇13日◇東京・後楽園ホール

同級2位内藤律樹(26=E&Jカシアス)が国内2組目の親子で東洋太平洋王者になった。同級1位ジェフリー・アリエンザ(27=フィリピン)に9回1分14秒TKO勝ち。カシアス内藤として東洋ミドル級王者だった父純一会長(68)に並んだ。1組目は世界王者の拳四朗親子。

内藤は右ジャブを突いて、序盤でペースを握った。4回からは「効いているのが分かった」という接近戦でのボディー攻撃を浴びせて圧倒した。8回に右まぶたをカットさせ、9回にコーナーで右ストレートを浴びせるとレフェリーがストップした。

内藤にとっては14年に獲得した日本スーパーフェザー級に続き、2階級上げて4戦目で2本目のベルトになった。内藤も「このベルトを持って終わりじゃ仕方ない。これはステップ。使える武器があるのは分かったが、世界を目指していくはまだまだ甘い」と満足していない。

会長も「並んでくれたのはうれしい。あとは越えるのを見送るだけ。まだ先がある」と話す。父が果たせなかった世界挑戦へ向けて「もっと強い相手と勝負したい。海外にも出て行きたい」と意欲を示した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
村田諒太 4・15 元欧州王者と初防衛戦
“現役復帰宣言”の亀田興毅「戦いたい相手は2人いる」
村田「見た目は勝てない」けど拳で「勝つ」 初防衛戦は4・15“イケメン対決”
川人拓来が壮行試合終え感謝、メキシコ無期限遠征へ
内藤哲也快勝、タイチを挑発「がっかりさせんなよ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加