不審者からの着信を拒否する「限定着信機能」を搭載したパイオニアのデジタルコードレス留守番電話機が登場

不審者からの着信を拒否する「限定着信機能」を搭載したパイオニアのデジタルコードレス留守番電話機が登場

  • @DIME
  • 更新日:2017/09/16

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは、パイオニアブランドから「限定着信機能」搭載デジタルコードレス留守番電話機“知り合い専用電話”『TF-SA75S(W)LTD』を11月下旬より発売する。価格はオープン価格。

No image

『TF-SA75S(W)LTD』 は、電話番号を登録した相手先のみの着信を可能にする「限定着信機能」を搭載した“知り合い専用電話”だ。番号登録のない相手先には「申し訳ありませんが、こちらの都合により電話をおつなぎすることができません」というメッセージで応対。自動的に電話を切ることで、年々増加して社会問題になっている振り込め詐欺や、電話による勧誘販売などの迷惑電話をシャットアウトできる。

また、「はっきり大音量」機能により、親機のワンタッチボタンを押すだけで、親機で通話中の相手の声を大きくできる。これで相手の声も聞き取りやすくなるため、会話中に聞き返すなどの煩わしさを軽減。この機能は音量を上げるとともに高い音も強調することで、通話中の相手の声を聞き取りやすくなるという。さらに読みやすい漢字表示に加え、ホワイトバックライトを採用した見やすい大型液晶画面も親機と子機に搭載しており、携帯電話の電話番号(11桁)も1行で表示できる。

No image

親機サイズは約幅163×高さ81×奥行き214 mm(突起部含まず)、約650 g (付属品含まず)。録音方式はDSP録音方式。録音可能時間は約120 分(留守録音、通話録音、応答メッセージの合計)+5 分(おまかせガードの自動通話録音)。

関連情報

http://www.jp.onkyo.com/omj/

文/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
次世代エネルギー「海流発電」 商用化の可能性と課題とは?
Oculus創業者「東京にVR関係の研究所を検討」 コスプレ姿で語る
16コア/32スレッドのハイエンドCPU「Xeon Gold 6130」
CCleanerのマルウェア混入、ソニーやMicrosoftなどを狙っていた痕跡
新iPhoneに機種変する前に写真をバックアップしよう
  • このエントリーをはてなブックマークに追加