誠也24号3ラン 鯉キラー八木撃ち「自分のスイング」

誠也24号3ラン 鯉キラー八木撃ち「自分のスイング」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

2回、3ランを放つ鈴木(撮影・吉澤敬太)

「中日6-5広島」(10日、ナゴヤドーム)

クロスファイヤーを鋭く振り抜いた。1点リードの二回2死一、三塁。痛烈なライナーは赤く染まる左翼席へ一直線。広島・鈴木誠也外野手(22)はその行方を見届けてから、ゆっくり走りだした。

「打ったのはストレート。積極的にいけました。自分のスイングで捉えることができました」

今季24号3ランは6日・DeNA戦(横浜)以来の一発。85打点はリーグトップを独走だ。試合中、広報を通じたコメントには確かな手応えがにじんだが…。その後の3打席はまさかの沈黙。二回までに5点を奪った打線も、三回以降は中日リリーフ陣に封じられた。

鈴木も九回1死一、二塁の好機で守護神・田島の外角スライダーを振らされて空振り三振。その裏に、サヨナラ負けの悲劇が待っていた。試合後は全身に悔しさをにじませて「どうでもいいです」と繰り返した。

4番打者として打線の中心を担うからこそ、チームの敗戦が何より悔しい。22歳だがチームを背負っている。最後は気持ちを切り替えて前を向いた。「まだ試合数はありますし、今日みたいに失敗しないように、しっかり反省してやっていきたいです」。横浜-名古屋と続いた遠征から広島に戻る。大好きな本拠地で悔しさを晴らす。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
1週間限定 脂肪燃焼スープでダイエット
新庄剛志氏 槇原寛己氏の敬遠球を打った時にホームベースは...テレビで真相初告白
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加