パキスタン出身の女性監督が母娘の絆描く「娘よ」、2人の逃避行を追う予告編

パキスタン出身の女性監督が母娘の絆描く「娘よ」、2人の逃避行を追う予告編

  • ナタリー
  • 更新日:2016/11/30

第87回アカデミー賞外国語映画賞にパキスタン代表作品として出品された「娘よ」の予告編がYouTubeにて公開された。

動画を見る

すべての写真を見る(全10枚)

No image

きれいな写真をもっと見る(全10枚)

No image

パキスタン出身の女性監督アフィア・ナサニエルが初メガホンを取った本作は、山岳民族の掟に翻弄される母娘の絆を描くサスペンス。カラコルム山脈を舞台に、部族間のトラブルを収めるため相手の部族長の花嫁に指名された幼い娘と、彼女を守るため逃亡を図る母親の姿を追う。

No image

予告編は、母と娘が楽しそうにほほえみ合う場面から幕開け。婚礼当日に母娘が逃亡する様子が捉えられた後、銃声や「2人を見つけ出し、母親を殺す」というセリフが挿入され不穏な空気が広がっていく。映像終盤には華やかな街の風景や砂漠で「お母さん」と叫ぶ娘の姿が収められている。

「娘よ」は2017年3月25日より東京・岩波ホールにてロードショー。なお12月にナサニエルが来日する予定だ。

「娘よ」予告編… の再生はこちら

(c)Dukhtar Productions LLC.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
風俗でくも膜下出血、「くも漫。」場面写真解禁
「君の名は。」「聲の形」など3作品がもたらした経済効果とは 地銀シンクタンク調査
ビジュアルが完コピすぎると話題の実写版『銀魂』にマンガ・アニメ好きが激怒「こんなのは役作りじゃなくてコスプレ」
「グレムリン」第3弾は確実に前進
「ラストタンゴ・イン・パリ」合意なしの強姦シーンをハリウッドスターが非難

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加