最新ランキングをチェックしよう
2段モーションセーフに 国際基準合わせ改正、昨年雄星が抵触

2段モーションセーフに 国際基準合わせ改正、昨年雄星が抵触

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/12

プロ、アマ合同の野球規則委員会が11日、都内で行われ、規則改正として2段モーションが反則投球とされていた文言を削除することが決まった。これによりプロ野球では、2段モーションで複数回の反則投球を取られた昨季の西武・菊池雄星投手(26)のケースなどはペナルティーが科されなくなった。

昨年8月17日の楽天戦で反則を取られた西武・菊池

 新たな改正では、野球規則の反則投球の項目にあった「【注】」を削

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
デート報道の弘中アナに若林“激イジり” 文春直撃は「英語で言うと何時?」
ガラス製の彫刻を壊した5歳児の親、1400万円請求される
韓国の女性団体が上半身を露わに男尊女卑に抗議、しかし思わぬ反応に絶望......。根深い男女差別
大阪地震でも出社するサラリーマンたちに「日本の闇」「社畜」と不安の声
BISレポート、仮想通貨が交換手段となり得ない【フィスコ・ビットコインニュース】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加