DNP、錠剤の不快な臭いを吸着する機能性フィルム - 高血圧治療薬で採用

DNP、錠剤の不快な臭いを吸着する機能性フィルム - 高血圧治療薬で採用

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/06
No image

大日本印刷は、同社の開発した、アルデヒド系やケトン系の臭気を吸着して取り除く「DNPにおい吸着包材(アルデヒド・ケトン用)」が、複数の医薬品メーカーの高血圧治療薬の錠剤用PTP包装材として採用されたことを発表した。今後、12月から発売される複数の医薬品メーカーの高血圧治療薬に使用される予定となっている。

「DNPにおい吸着包材(アルデヒド・ケトン用)」は、時間の経過とともに発生してくる“アウトガス”の特定の臭いを吸着する材料を添加した機能性フィルムを使用した包装材。高血圧治療薬の錠剤は、水分と反応して不快な臭いのケトン成分を発生させるため、その臭いが患者の服用阻害の要因となっていたが、同素材で医薬品を包装することによって、臭いの成分となるアウトガスをフィルムが吸着して取り除くことができるという。これによりパッケージ開封時にはほぼ無臭で、臭いによる不快感を軽減できるということだ。

同素材は、DNPが2015年9月に開発したもので、ガス吸着評価実験では、不快臭ケトン成分がフィルムに吸着され、24時間後にガスがほぼ100%フィルムに吸着されることが確認されている。また、一度吸着した臭気成分は再放出されないため、継続的に効果を得ることができる。医薬品のパッケージに使用すると、消臭剤の小袋を中に入れる必要がなく、消臭剤の誤飲の恐れがないというメリットもあるという。

なお、「DNPにおい吸着包材(アルデヒド・ケトン用)」は、アルデヒド系やケトン系の臭気のほか、滅菌処理臭や樹脂分解臭などの吸着にも効果があるということだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「和式便器は金隠し側を後ろに座るのが正解」Twitterで拡散 TOTOに聞いて真偽を確かめてみた
【ネトゲの嫁が】男子がネットで美女と大恋愛 → オフで会ってみた結果...嫁の姿にネットユーザー同情「2017年最大の悲劇だ」
【これはヒドイ】中国の航空会社で “CAが機内食をつまみ食い” する姿が激撮 → 停職処分に / その後、信じられない動機が発覚
タバコを吸う人との食事で「喫煙席を拒否した時」にされた最悪行動3選
「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加