頑丈でデータの破損を気にせず気軽に持ち運べる、超コンパクトでスタイリッシュな大容量ストレージ【今日のライフハックツール】

頑丈でデータの破損を気にせず気軽に持ち運べる、超コンパクトでスタイリッシュな大容量ストレージ【今日のライフハックツール】

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2017/11/14

容量の大きいデータを扱う業種に就いているなら、すでに会社内にはバックアップ用のサーバーが用意されていることでしょう。ところが自宅や出先で作業をしたくても、社外からサーバー内部へのアクセスは、禁じられている場合が少なくないと思います。

そもそもファイルの持ち出し自体が許可されていないなら、大人しく従うしかありません。でも、ネットワーク経由でデータを転送するリスクが禁止の理由なら、物理的なストレージを利用するという手が残されています。

こんなときに利用する外部ストレージとして、最適な製品が『Bolt B80』です。

容量は120GB、240GB、480GBの3種類がラインナップされており、ミドルクラスのノートPCが搭載しているSSDと同程度かそれ以上となっています。

また、第2世代USB3.1に対応しているので、読み込みで500MB / 秒、書き込みで450MB / 秒と、データをローカル保存していなくても、ストレスのない作業環境を構築できます。

さらに、ミリタリーグレードの耐衝撃性能テスト(MIL-STD-810G 516.7手順Ⅳ)をクリアしており、防水(IP68)仕様でもあります。万が一落下させてしまっても、データを失う可能性は極めて低いというのも、ポイントとなるでしょう。

No image

Image:Silicon Power Computer & Communications Inc.

これだけの性能なのに、直径75mm、厚さ11.9mm、重さ53gと非常にコンパクト。

個人利用なら、バックアップサーバー代わりに利用できますし、容量の小さいノートPCを使っているなら、繋ぎっぱなしでローカルドライブ代わりに使ってもいいと思います。

発売開始日はまだ確定していませんが、気になる人はチェックしておきましょう。

Image:Silicon Power Computer & Communications Inc.

Source:Silicon Power Computer & Communications Inc.

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『Amazon Echo』と『Google Home』何が違う?
オムロンから乗って測るだけで測定データを手元のスマホに自動転送する体組成計が登場
「Amazon Echo」「Fire HD 10」「Fire TV 4」アマゾンのデバイスは何がスゴいのか?
【100均】ダイソーのスマートフォン用「1ポート モバイルバッテリ」 ― 薄くて格好良いけど、性能は?
知らなきゃ損するAmazonの検索・配送の裏ワザ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加