ワンダーウーマンが国連名誉大使に! 女性の社会的地位向上を呼びかける

ワンダーウーマンが国連名誉大使に! 女性の社会的地位向上を呼びかける

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/18
No image

ガル・ガドット演じるワンダーウーマン(C)BANG Media International

ワンダーウーマンが国連名誉大使に任命されることになった。

DCコミックスのスーパーヒーローであるワンダーウーマンは、女性の社会的地位を向上を呼びかける名誉大使として選出され、10月21日にニューヨークの国連本部で行われるワンダーウーマン75歳の誕生日会で正式に任命される予定となっている。

ワンダーウーマンは、1971年にウィリアム・モールトン・マーストンがアマゾンで女性だけの一族の中に暮らす女性ヒーローとして生み出したキャラクターだ。当初は女性ヒーローへのファンの反応を見るために実験的に描かれたキャラクターであったが、爆発的な人気を得て、誕生から1年後にはすでに単体の作品が制作されるまでになった。

1970年代にはリンダ・カーターがワンダーウーマン役を務めるTVシリーズが制作され、今年公開となった『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』ではガル・ガドットがワンダーウーマン役で登場し、来年には単体映画も公開される予定となっている。

そんな中先月、DCコミックス『ワンダーウーマン』の著者グレッグ・ルッカは同キャラクターがバイセクシャルであり、過去に女性と交際していていたこともあると明かしていた。

(C)BANG Media International

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「映画や小説のストーリーは全て同じルールに従っている」理論
ギレルモ・デル・トロ監督がコナミを痛烈批判―小島監督めぐり
「君の名は。」ついに中国上陸!日本アニメ依然人気
これが人間業なのか!?目黒雅叙園の百段階段に超絶技巧の作品が集結「神の手●ニッポン展II」
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加