橋本大地&神谷英慶が王者鈴木への挑戦決定戦で対戦

橋本大地&神谷英慶が王者鈴木への挑戦決定戦で対戦

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/14
No image

21日の後楽園大会で、BJW認定ストロングヘビー級王者鈴木への挑戦権をかけて戦う橋本大地(右)と神谷英慶

<大日本:上野大会>◇14日◇上野恩賜公園屋外ステージ

最侠タッグ優勝チームで全日本プロレスの最強タッグリーグ出場を決めている橋本大地(25)と神谷英慶(25)が、BJW認定世界ストロングヘビー級王者鈴木秀樹への挑戦権をかけて21日の後楽園大会で戦うことになった。

2人のシングル戦はすでに発表されていたが、上野大会1部終了後の会見で、大日本が王者鈴木への挑戦者決定戦にすると発表した。神谷は「後楽園での試合を次期挑戦者決定戦にしたいと会社に申し入れた。大地が挑戦表明していたので、ボクもタイトルに挑戦したいと思った。だったら強い方が挑戦した方がいい」と、決定戦へ至った経緯を説明。

橋本は「話を聞いた時は、正直戸惑ったが、2人が戦い次期挑戦者を決めることには賛成。オレと神谷が戦うことによって、挑戦権をオレたちに戻す。この一戦はオレたちにとっても大事。もちろん、このシングル戦を勝ち取りにいきます」と力強く宣言した。勝者は、12月17日の横浜文化体育館大会で王者鈴木に挑戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レスリング協会、強化合宿「重傷事故」隠蔽疑惑...あの名物コーチの「指導法」
K1WGP初代ヘビー級王座にプラチバット/全結果
【スポーツ】小川ジュニア ついに見えた世界への道
ザ・グレート・カブキ引退試合 12・22後楽園
7月に人命救助の小宮山 足技使い判定勝利、タイトル戦を熱望
  • このエントリーをはてなブックマークに追加