サムティレジ Research Memo(9):外部成長に向けたパイプラインを順調に拡大

サムティレジ Research Memo(9):外部成長に向けたパイプラインを順調に拡大

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14
No image

株式会社フィスコ

■サムティ・レジデンシャル投資法人<3459>の成長戦略とその進捗

2. 成長戦略の進捗
(1) 外部成長戦略の進捗
a) ブリッジファンドへの出資
2017年3月には、ブリッジファンドへの匿名組合出資(250百万円)を実施し、当ファンドに組み入れられた8物件について優先交渉権(優先交渉権の行使価格8,786百万円(上限))を獲得した。

b) スポンサーと連携したウェアハウジング
引き続き、豊富な情報・取得ルートの活用により、スポンサーとの連携によるウェアハウジングにも取り組んでいる。2017年7月末時点においては、医療機関や大学に隣接する物件などを中心として14物件を確保している。

c) パイプラインの状況
以上を含め、今後の取得予定物件であるパイプラインについては、1)スポンサーが開発中または開発済の優先的交渉権を付与された物件(7物件)のほか、2)スポンサーの保有・ウェアハウジングによる物件(上記b)、3)ブリッジファンドへの出資により優先的交渉権を獲得した物件(上記a)、4)スポンサーが売買契約書を締結している第三者保有の物件(2物件)の合計31物件を確保しており、順調に積み上がっていると言える。今後も、医療機関及び大学等の教育施設に近接した物件に継続的に投資し、また賃料固定型MLを活用することなどで安定的な収益の確保を図る方針である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

<HN>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東芝、さらなる債務超過膨張リスク浮上...メモリ事業を失えば「東芝消滅」の可能性
毎年車検で荷台はむき出し!それでも『ハイラックス』が売れる理由
宮崎のエノキ農家の大ばくちが居酒屋の人気商品を生んだ
【東京モーターショー2017】小型車に力を入れてきたダイハツの出展車両をご紹介!
赤字のメガネスーパーを復活させた「プロ社長」の経営者人生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加