最新ランキングをチェックしよう

【商工中金】停滞していた政府系金融改革 再び加速なるか

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/01/11

政府が出資する政府系金融機関は「民業を圧迫している」との批判を受け小泉純一郎政権が平成17年、改革に着手した。日本政策投資銀行と商工中金は完全民営化する方向だったが、20年のリーマン・ショックを機に危機対応融資の役割を担うことになり、民営化の動きは停滞。今回の提言をきっかけに、改革の機運が再び高まる可能性もある。
 政府系金融は戦後のインフラ整備などを支えるため相次ぎ設立されてきた。現在ある5機関

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐川急便、上場で億万長者ドライバー続出?
忙しくて宅配物を受け取れない人におすすめしたい対処法
コメダ、驚異的高収益の秘密はパンのメニュー大量投入?凋落のスタバと真逆戦略で無敵
アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い?
紙の通帳は高コスト?大手銀行が「手数料」導入を議論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加