アーセナル、ヴェンゲル後釜をドイツで発見? 快進撃続ける首位チームの監督に興味か

アーセナル、ヴェンゲル後釜をドイツで発見? 快進撃続ける首位チームの監督に興味か

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/11/30
No image

ラルフ・ハーゼンヒュットル監督【写真:Getty Images】

ブンデスリーガでサプライズを続けるRBライプツィヒのベンチに、アーセナルが関心を示しているという。英紙『ザ・サン』が伝えた。

1996年からアーセナルを指揮するアーセン・ヴェンゲル監督は、現在67歳。近年は退任のタイミングがいつになるかが頻繁に話題となっている。アーセナルもそのときに備えているものと考えられており、同メディアはドイツで旋風を巻き起こしているRBライプツィヒのラルフ・ハーゼンヒュットル監督がターゲットの一人だとした。

RBライプツィヒは昨シーズン、ブンデスリーガ2部で2位になり悲願の1部昇格を果たした。夏にハーゼンヒュットル監督を招聘すると、開幕から快進撃を続け、第12節まで無敗を続けて首位を快走している。

そこで、アーセナルは現行契約が今シーズンいっぱいまでとなっているヴェンゲル監督の後任に、RBライプツィヒ指揮官をリストアップしたようだ。

まだ憶測の域を出ないようにもみえるが、ヴェンゲル体制の終わりが近づいていることも確か。今後の動向に注目だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
FIFA男子最優秀監督賞の最終候補が発表 ラニエリ、ジダン、サントスの3名
夢は弁護士や医者...一転してサッカー選手に。ムヒタリアンの運命変えた出来事とは?
FIFA男子最優秀選手の最終候補3名発表...C・ロナ、グリーズマン、メッシがリスト入り
イニエスタ、クラシコ出場へ! 医師から完治通告、招集可能とバルサが発表
ユニとスタンドにシャペコエンセのエンブレム...仏1部サンテティエンヌが追悼の意
  • このエントリーをはてなブックマークに追加