慶大蹴球部No.1マッスルラガーマンが語る筋トレのすすめ。慶應スポーツの突撃取材

慶大蹴球部No.1マッスルラガーマンが語る筋トレのすすめ。慶應スポーツの突撃取材

  • J SPORTS
  • 更新日:2017/11/13
No image

「もう少し身長が高かったら…」「もう少しイケメンだったら…」男なら一度は考えたことのある空想ではないだろうか。この2つは神から与えられた所与のもので、後から変えるのは難しい。

ところが「もう少し良い身体だったら…」この願望は今からだって叶えられるチャンスがある。そんな格好良いマッチョ男子を目指したいという方必見の今回のコラム。

細田隼都選手

題して、「慶大蹴球部No.1マッスルラガーマンに聞いた!筋トレのすすめ」今回登場していただくのは、今季絶好調の慶應義塾大学のスクラムを支える不動のフロントロー、PR(プロップ)細田隼都(商4・慶應)選手。

チームアンケートで「ストイックな男」として最も名前の挙がった彼に、ウエイトトレーニングの極意について、ケイスポ記者が尋ねてみた。

細田選手がウエイトトレーニングにストイックになったきっかけは、先輩学生トレーナーのトレーニング風景を目撃したことだった。

トレーナーという立場ながら、選手の誰よりもひたむきにウエイトトレーニングに打ち込む姿に、「トレーナーがこんなにやっているのに選手がやらないのはおかしい」と思い、これまで以上に真剣に筋トレと向き合ってみようと思った。

「小さい身体を少しでも大きくしたい」「フロントローという重要なポジションながら、スクラムの苦手な自分を変えたい」。一途な思いが、彼をウエイトトレーニングに突き動かした。

トレーニングは1日2、3時間。一回の練習は、ベンチプレス、スクワット、チンニングの3種類のトレーニングを基本に組み立てられる。

鍛える筋肉はその日の全体練習に応じて変わるが、全体練習だけではどうしても時間が限られてしまうため、練習後に追加で個人練習を行い、週に14種類を鍛える。

習慣付くことを避けるため、2ヶ月に一度メニューを変えるが、基礎練習はオフの日も試合の翌日も毎日欠かさず行われる。ウエイトトレーニングに励んでいた細田選手が自身の変化に気づいたのが大学3年のある日のこと。

理想のウエイトトレーニングを自分なりに模索し続け、ついに自分にとってベストなトレーニングスタイルを確立したのだ。

体幹が鍛えられ強力な芯ができると、見る見るうちにスクラムの手応えも変わってきた。対抗戦No.1との声も囁かれる細田選手の力強いプッシュは、こうした日々の地道な鍛錬に裏打ちされている。

No image

ケーブルマシーンを使った練習を実演

「自分の成長が見えるのが嬉しい」。ウエイトトレーニングの醍醐味について、細田選手は笑顔でこう話す。

一番の自慢は肩周りの筋肉。上部と背中側の筋肉がゴツゴツと大きく隆起しているのが一目でわかる。慶大の試合を観戦する際は、どうか細田選手の肩にも注目していただきたい。

そんなNo.1マッスルラガーマンにこんな質問をぶつけてみた。「一般人が、今日から始めて短期間で最も目に見える成果の出る鍛え方は」。返ってきた答えは「スクワット」。

スクワットは腹筋を鍛えると同時に、余分な脂肪を落とす効果のある一石二鳥の練習だという。さらに目に見えるところでは腕の筋肉は鍛えるとすぐに肥大しやすく、トレーニングの効果を実感しやすいそうだ。

そんな細田選手が参考にしているのは、Instagramに流れる著名ボディービルダーのトレーニング動画。

映像中の練習を見よう見まねでやってみることで、最新のトレンドを自身の練習に取り入れているそう。筋トレ上級者の方は、ぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。

最後に、細田選手に尋ねてみた。「細田選手にとってトレーニングとは」。

「自分を磨くもの。自分に規律を与えるもの」

やらなくてもいいならやりたくない。それでもオフの日も欠かさず自分の成長のために欠かさずトレーニングを続けてきた細田選手の至言。自分の目標を叶え、自分を磨くためにはより一層の努力が必要だと改めて感じた、

そんな取材だった。大学日本一に向け、今日も熱心にトレーニングに励む細田選手のプレーに、今後も目が離せない。

取材/記事:森田悠資(慶應スポーツ)

◆慶應義塾大学 今後の放送予定
・11月23日(祝)午後1:50 早稲田大 vs. 慶應義塾大 J SPORTS 1

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
インテルの社長がPUBGをプレイ、そこでまさかの......
錦織 来年1月全豪回避も、復帰時期「2~3月になるかも」
「マラドーナは私に会うためにチームのホテルを抜け出して...」イタリアの女優が26年前の交際秘話を暴露
なぜ平然とハンド? GKが仰天の珍プレーで一発退場、海外唖然「ばかげている」
浅野拓磨のCF起用に地元メディアも驚き! 指揮官は「タクマのスピードを活かしたかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加