石原さとみから窪田正孝への“頭わしゃわしゃ”シーン「台本にはなかった」<アンナチュラル>

石原さとみから窪田正孝への“頭わしゃわしゃ”シーン「台本にはなかった」<アンナチュラル>

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/02/15

【アンナチュラル/モデルプレス=2月15日】女優の石原さとみが主演を務めるTBS系ドラマ『アンナチュラル』(毎週金曜よる10時~)。脚本は、大ブームを巻き起こしたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の野木亜紀子氏。制作には、湊かなえ作品『リバース』『Nのために』『夜行観覧車』(いずれもTBS)のドラマ化を手がけた新井順子プロデューサー、同じく湊作品のドラマで演出を担当した塚原あゆ子氏など、今ノリに乗っている女性スタッフたちが揃い、1話完結の法医学ミステリーを展開する。今回、脚本の野木氏と新井プロデューサーが、取材会に出席し、ドラマ制作の裏側、視聴者からの反響、さらには今後の展開について語った。<2>

No image

(写真 : 石原さとみ、窪田正孝、飯尾和樹/「アンナチュラル」第6話より(C)TBS)

【このほかの画像】窪田正孝のソロショットあり/第6話場面カットをもっと見る

◆視聴率も好調 ドラマ『アンナチュラル』

ドラマの舞台となるのは、日本に新設された死因究明専門のスペシャリストが集まる「不自然死究明研究所(UDIラボ)」。石原演じる法医解剖医・三澄ミコトらが、そこに運び込まれる“不自然な死”(アンナチュラル・デス)」の怪しい死体と向き合い、死因を究明していく。

石原のほか、法医解剖医・中堂系を演じる井浦新、記録員・久部六郎を演じる窪田正孝ら豪華キャスト陣が繰り広げるリアリティのある会話劇、見応えのある展開が好評を得ている。

◆石原さとみから窪田正孝への“頭わしゃわしゃ”シーン「台本にはなかった」

窪田演じる六郎は、医大生で現在はアルバイトとしてUDIラボに勤務している。1話からミコトの過去をこそこそ調べたり、「週刊ジャーナル」編集者の末次康介(池田鉄洋)と連絡を取り合ったり、怪しい動きをしていたが、回が進むに連れ、ネタを探るため末次によってUDIラボに送り込まれていたことが明らかに。

一方で、ミコトに異性として惹かれるも、当の本人には弟扱いしかされず。放送前に実施された取材会にて新井プロデューサーが「ラブもある」と発言していたこともあり、視聴者からは今後の展開に期待が寄せられているが「6話(16日放送)に胸キュンシーンがある」(新井プロデューサー)そう。

また、4話で登場したミコトが六郎の頭を撫でるシーンについては、野木氏が「台本にはなかったんですけど、(監督の)塚原さんが『犬のようにやってくれ』って石原さんに。塚原さんはそういう仕掛けをするんですよね。石原さんには言っていたけど、窪田くんには言ってなかったんじゃないかな」と、裏話を明かした。

◆『アンナチュラル』第6話「友達じゃない」

16日放送の第6話では、UDIラボの一員・東海林(市川実日子)が殺人事件の容疑をかけられる。

高級ジム主催の合コンパーティーに参加した東海林は、翌朝見覚えのないホテルのベッドで目を覚ますと、昨夜のパーティーに参加していた権田原(岩永洋昭)の死体が隣に。権田原には、中堂と六郎が解剖した突然死の男性と意外なつながりがあり…。ミコトらUDIメンバーは、東海林の容疑を晴らすべく死因究明に奔走する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“悲運のマグロ漁師”山本秀勝さんが衝突事故に...
とんねるず、みなおか“野猿サギ”に視聴者激怒!「こんな番組なら終わるわ」
99.9、アキラ100%の“お盆芸”に「めちゃくちゃ笑った!」
“フジの元人気ナンバー2”生野陽子アナ “不倫騒動”秋元優里アナのとばっちりでBS落ち!
ジャニーズWEST重岡&神山がW主演!「宇宙を駆けるよだか」ドラマ化へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加