ソフト明石 行使せず残留「強いチームでやりたい」

ソフト明石 行使せず残留「強いチームでやりたい」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

ソフトバンクの明石健志内野手(31)は13日、秋季キャンプ地の宮崎・生目の杜運動公園で、今季取得した国内フリー・エージェント(FA)権を行使せず、残留すると明かした。

No image

国内FA権を行使せず、残留することを表明したソフトバンク・明石

「使わずに残留します。強いチームでやりたい。(今季)完全燃焼できたかといえば、そうではなかった。評価を聞いてみたい気持ちもあったけど(周囲に)いい選手がいれば刺激になる。もっと、ここで頑張れるんじゃないかと思いました」

今季は開幕こそ右肩痛で出遅れたものの、103試合に出場し、打率・279、1本塁打、23打点。出塁率は・346と1番打者で重用された。内野はどこでも守れるユーティリティープレーヤー。手を挙げれば複数球団の争奪戦になるとみられ、本人も「迷っている」と行使を視野に入れて熟考していた。5月に権利を取得し、翌6月には球団から残留オファーを受けるなど“誠意”も感じて最終的な決断を下した。

現在は宮崎での秋季キャンプに参加し、つかんだ定位置を盤石のものにしようと汗を流す日々だ。「これで余計なことを考えず、練習に打ち込めますね」。安どの笑みが浮かんでいた。 (福浦 健太郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ左腕チェン韓国戦で先制点許して降板、6回途中1失点快投も援護なし
【アジアCS】侍ジャパン第2戦先発は今永、チャイニーズ・タイペイはリンの左腕対決
稲葉ジャパン、連勝で決勝進出へ!第2戦は今永に託す
元中日・李鍾範コーチの息子が値千打 韓国、台湾下し決勝進出
韓国・宣銅烈監督、初勝利に喜び「もう1度日本と」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加