watchOS 6以降はApple Watchから直接アップデート可能に

watchOS 6以降はApple Watchから直接アップデート可能に

  • iPhone Mania
  • 更新日:2019/06/19
No image

watchOS 6以降はiPhoneを使わなくても、Apple Watchから直接OSのアップデートが可能になるようです。

Apple Watchで直接OSのアップデートが可能に

米メディアMacRumorsによると、watchOS 6の最初のベータ版ですでに、設定→一般の次に、ソフトウェアアップデートの項目が追加されています。watchOS 6以降はiPhone同様、Apple Watchで直接、OSがアップデート可能になるようです。

watchOS 6は先日ベータ2が開発者向けに公開されました。しかしベータ2でもまだ、iPhoneで使用条件を了承しないと、ダウンロードすることができません。正式版ではすべてApple Watch上で行えるようになることを期待する、とMacRumorsは記しています。

No image
No image
No image
No image

Sure seems like the stage is being set for direct-to-Apple Watch software updates in watchOS 6, though it hasn’t been fully freed quite yet from the need to approve things on the iPhone.
— Jeremy Horwitz (@horwitz)
June 17, 2019
from Twitter

iPhoneに依存しないデバイスへ

現時点では、Apple WatchのwatchOSのアップデートは、iPhoneの「Watch」アプリ経由で行う仕組みになっています。

AppleはwatchOS 6について、専用のApp Storeを導入すること、またiOSでおなじみのアプリを追加することなどを発表しています。watchOSがApple Watchで直接アップデート可能になることも含めて、Apple Watchは今後さらにiPhoneに依存しないデバイスになっていくと思われます。

Source:MacRumors
(lunatic)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Appleが自動車に関する特許を複数取得、自動運転車の独自開発はなおも進行中か
Appleの虹色りんごのロゴが一部の新製品で復活との噂
「iPhone11」のダミーモデルを撮影した動画、著名YouTuberが公開
iPhoneに「高温注意」と表示されました!? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
ワイヤレスイヤホン「Powerbeats Pro」が日本でも注文可能に、発送は今月22日から
  • このエントリーをはてなブックマークに追加