川崎と柏、ともにACL黒星スタート

川崎と柏、ともにACL黒星スタート

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/02/14
No image

サッカーAFCチャンピオンズリーグ、グループF、川崎フロンターレ対上海上港。得点を喜ぶ上海上港のエウケソン(中央、2018年2月13日撮影)。

【AFP=時事】サッカーAFCチャンピオンズリーグは13日、グループステージ第1節が行われ、グループFの川崎フロンターレ、グループEの柏レイソルはともに敗れて黒星スタートとなった。一方で中国スーパーリーグ(1部)の2チームは、フッキやアレシャンドレ・パトといった大物は不発だったがどちらも勝利している。

フロンターレは、1億ドル(約108億円)以上を費やしてフッキやオスカルを獲得し、昨季ベスト4に入った上海上港(中国)と本拠地で対戦。上海のもう1人のブラジル選手エウケソンに前半の中盤に先制点を決められ、そのまま1-0で敗れた。

一方、2016年大会王者の全北現代と敵地で対戦したレイソルは、前半に2点を先行したが、相手のベテラン李東国(イ・ドングク)に後半2ゴールを決められ、2-3で逆転負けを喫した。

クラブスカウトの審判買収で前回大会は出場を禁止されていた全北だが、イングランド・プレミアリーグでのプレー経験もある李東国が活躍を見せ、逆転勝利で大会復帰を果たした。

香港の傑志SCと対戦した大会初出場の天津権健は3-0で快勝した。2017年夏に4000万ドル(約43億円)以上とも言われる金額で手に入れた元フランスU-21代表のアントニー・モデストが先制点を決めると、オウンゴールと孫可の得点で2点を追加した。

対する傑志はマンチェスター・ユナイテッドやインテルでプレーしたディエゴ・フォルランが奮闘したが及ばなかった。

もう1試合の蔚山現代対メルボルン・ビクトリーは、3-3の引き分けに終わった。蔚山は3回先行したが勝ちきれなかった。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なでしこ22歳FW、謎の「セクシーポーズ」反響 「なぜこんなことに...」と絶妙写真公開
エイバル、数的不利で奮闘するもバルセロナに敗戦...乾は先発フル出場
「おれたちのチームにマリオがいる」 平昌五輪の米カーリングチームに「マリオ」そっくりな選手がいると話題に
まだまだ続く! 仮想通貨 ICOバブルの行方『NOAH COIN のICO』
バルサ戦善戦も...1人退場&監督退席でエイバル自滅。連勝ストップ、乾貴士はフル出場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加