メッセンジャー途中降板、阿部の打球直撃で病院へ

メッセンジャー途中降板、阿部の打球直撃で病院へ

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

7回裏巨人無死、メッセンジャーは阿部の打球を受け痛みをこらえながらマウンドでジャンプする(撮影・加藤哉)

<巨人5-2阪神>◇10日◇東京ドーム

右足首付近に受けて途中降板した阪神ランディ・メッセンジャー投手(35)は患部にアイシングして病院へ向かった。

7回無死で巨人阿部のライナーが右足首付近に命中した。痛みをこらえようとジャンプするなど、もん絶した様子。ベンチ裏に引き揚げ、程なくして金本監督は桑原との交代を告げられ、無念の降板となった。

試合途中に右膝から足首にかけてアイシングを施され、トレーナーに付き添われながら、タクシーで病院へ向かった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
23日の予告先発 ホークス石川VS西武岡本、楽天美馬は初2桁勝利にを王手
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
東海大菅生、九回執念の同点劇実らず...元中日の若林監督、雪辱誓う
市立船橋vs千葉日大一
高校野球ドットコム
DeNA、プロ野球史上初の3連発サヨナラ勝ち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加