最新ランキングをチェックしよう

「原発20km圏内」に残されたペット&家畜たちの今

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2017/03/28

誰かに飼われていたのか、食べ物を求めて、無人の民家の前にヤギが立っていた
原発事故から6年が過ぎた。原発20km圏内は3月31日に一部地域が避難指示を解除されるが、まだまだ放射線量の高い地域は多く、復興への道は険しい。そんな人の住まなくなった地域で、動物を飼い続けている人々がいる。彼らは何のために世話をし続けるのか?

◆ペットを連れては避難できなかった

 ’11年の原発事故から6年間、警戒区域

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
死んだ犬が生き返った!? 墓の上に飼い主を待つ犬らしき姿が現れたっていう動画がマジで不思議
飼い主のお墓の前で10年...15歳の犬が盲目になっても寄り添い続ける
「嫌なのでちゅ!」ママに運ばれるのを嫌がる赤ちゃんワンコ
あのハスキーがまたやった!自動車の助手席から降りたくないゼウスさんのダダこね
水と一緒にジャンプ!噴水で遊ぶワンコさんが楽しそう♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加