最新ランキングをチェックしよう

「原発20km圏内」に残されたペット&家畜たちの今

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2017/03/28

誰かに飼われていたのか、食べ物を求めて、無人の民家の前にヤギが立っていた
原発事故から6年が過ぎた。原発20km圏内は3月31日に一部地域が避難指示を解除されるが、まだまだ放射線量の高い地域は多く、復興への道は険しい。そんな人の住まなくなった地域で、動物を飼い続けている人々がいる。彼らは何のために世話をし続けるのか?

◆ペットを連れては避難できなかった

 ’11年の原発事故から6年間、警戒区域

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヒモをしばるとウサ耳がピョンと立つ♪ いつでもどこにでも連れて行ける「ウサギ巾着」がチョーかわいい!
高速道路に飛び出し、立ち往生してしまった子グマ。すかさず母グマが身を挺して救助する!
「引っ越すから」と老犬を預けられた隣人、「犬は要らない」草地に捨てる(英)
両前足でしっかりつかみ、バナナを食べる犬が可愛い
【衝撃の事実】パンダの“つむじ”がすごい場所にある
  • このエントリーをはてなブックマークに追加