最新ランキングをチェックしよう

「原発20km圏内」に残されたペット&家畜たちの今

  • 日刊SPA!
  • 更新日:2017/03/28

誰かに飼われていたのか、食べ物を求めて、無人の民家の前にヤギが立っていた
原発事故から6年が過ぎた。原発20km圏内は3月31日に一部地域が避難指示を解除されるが、まだまだ放射線量の高い地域は多く、復興への道は険しい。そんな人の住まなくなった地域で、動物を飼い続けている人々がいる。彼らは何のために世話をし続けるのか?

◆ペットを連れては避難できなかった

 ’11年の原発事故から6年間、警戒区域

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
この顔を見て笑ったら負け...動物たちの決定的瞬間いろいろ
この人やさしくしてくれたの。葬儀中に突然やってきてお墓から絶対に離れようとしない野良猫、故人に生前にかわいがられていたことが判明(マレーシア)
引かぬ!媚びぬ! 省みぬ!バイクのシートからどいていただけない猫
ハムソンの吸引力を見よ......! 掃除機のように進んでくるハムちゃんのスピードと結末に驚きの声上がる
自分を犬だと思ってるキツネが、大好きな人に会った時のしぐさが完全にワンコ!!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加