なぜ「ポケモン GO」にハマる人が増えているのか?

なぜ「ポケモン GO」にハマる人が増えているのか?

  • @DIME
  • 更新日:2018/11/10
No image

リリース当初の大ブームを経て、落ち着くかと思われていた『ポケモン GO』。しかし、最近再び街中で『ポケモン GO』を楽しむ人が増えている。何がそこまで人々を惹きつけるのか?

ゲーム性が進化して様々な遊び方が可能に

日本では2016年7月にリリースされた『ポケモン GO』。抜群の知名度の高さと、ほかのゲームアプリとは違い、自分のペースで遊べるところから、普段ゲームを遊ばない層も取り込み、大きなブームとなった。その反面、ゲームとしては物足りなさもあり、早々に離脱したトレーナーがいたのも事実だ。

しかし、そこで終わらないのがポケモンのすごいところ。今年放送された『ポケモン GO』のCMで佐藤健もその進化に驚いていたように、ゲーム性が向上し、もはやリリース当時の『ポケモン GO』とは別モノといえるほど、驚くべき進化を遂げたのだ。その結果、一度離脱した人々も復帰し、再び盛り上がりを見せている。

ただ、新たに増えた機能もすべてをやらないといけないかというとそうではなく、以前どおりポケモンを捕まえるだけでまったりプレーをすることもできる。コミュニティーを駆使して仲間と一緒に行動したり、イベントをすべてクリアしたりと、人によって遊び方の選択肢が用意されているのもポイントだ。

途中離脱組は意外とハードプレーヤーが多く、早々に集められるだけのポケモンを集め、やることがなくなったという人もいる。現在では、出現するポケモンも増え、ゲーム内外のイベントが頻繁に行なわれており、ヒマになることはない。

また位置情報ゲームとしての特性上、リアルイベントとも相性がよく、珍しいポケモンがGETできるイベントを開催するたびに予想以上の人が訪れ、多大な経済効果をもたらしている。その集客効果と経済効果を利用した震災復興イベントなどにも積極的に取り組んでいる。

『ポケモン GO』は課金要素がそこまで大きくないゲームにもかかわらず、非公式情報ながら2017年の課金売り上げトップ10にランクインし、2年で18億ドルを記録したという話もある。全世代で人気があるコンテンツであることから、今後も新たにハマる人は間違いなく増えていくことだろう。

私たちもポケモントレーナーです!

「家族や仲間と協力して遊べるようになって復活し、以前よりも熱心にプレーしています。」

No image

会社員・u16watanabeさん

「レイドバトルで多くの人とその場で協力してプレーするのは気持ち的に盛り上がります。」

No image

会社員/ブロガー・むねさだよしろうさん

「フレンド機能が追加されてから、いろいろな人と交流ができて楽しくなりました。」

No image

K-POPインストラクター・ASARIさん

「石巻のイベント時は気仙沼に、「ピカチュウ大量発生チュウ!」では横浜にいて縁を感じます。」

No image

会社員・八田政仁さん

「平日はポケ活で毎日10km以上歩いています。おかげでメタボが解消されました。」

No image

会社員・むすびさん

「難しめのゲームは疲れてしまいますが、『ポケモン GO』はやっていて疲れません。」

ブラセリアン/気功師・橋本さんたろうさん

「友達と一緒にポケモンを交換したり、新情報で盛り上がったりできるのがよいですね。」

ITライター/イベントプロデューサー・弓月ひろみさん

「仲間と一緒にポケモンを捕まえたり、そのエピソードを共有できるところが楽しいですね!」

会社員・Resonaさん

「息子が『ポケモン』好きで、私も『ポケモン 赤・緑』で遊んでいたことがきっかけでハマってます。」

行政書士・小竹広光さん

「位置ゲーが好きで、慣れ親しんだポケモンが出てきたので、すぐにのめり込みました。」

農業・蕎麦てついちさん

「旅行先でポケモンを捕まえてコレクションするのが新たな楽しみになりました。」

自営業・菅原森彦さん

アンケート協力:Facebookグループ Pokémon GO Center https://www.facebook.com/groups/117407585281148/
メンバー5400人を超える『ポケモン GO』ファングループ。お互いの情報を共有しあい、実際に会っての交換会もメンバー同士の有志で行われている。

©2018 Pokémon. ©1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. ©2018 Niantic, Inc. ©2018 Pokémon.©1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pokémon・モンスターボールは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。Nintendo Switchのロゴ・Nintendo Switchは任天堂の商標です。※画面は開発中のものです。※掲載している情報は11月1日時点のものです。

取材・文/岡安 学

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「BAKUMATSU」第7話の先行カットが到着。土方が現れ、高杉と桂が絶体絶命のピンチ!?
高橋ひかる、意外なガチゲーマーっぷりに反響「いいね」
ポケモンGO『タマゴマラソン』イベント開幕。シンオウ地方の世代間進化後ポケモンも登場
開発期間12年...荒野のハードコアオープンワールドRPG『Kenshi』正式リリース日決定!
台湾の“ポケモンじいちゃん”15台のスマホで同時プレー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加