GoogleマップとWazeにSiriで道順が聞けるように。iOS 13配信と同時にアップデート

  • Engadget
  • 更新日:2019/09/21
No image

iOS 13の公式リリース直後、iOS版のGoogleマップとWaze(カーナビ&交通情報アプリ)の両方がアップデートされてSiriに統合されたと報じられています。つまり、iPhoneとCarplayのGoogleマップおよびWazeともに、Siriに音声で目的地までの道順をナビゲートしてもらえるようになったわけです。筆者のiOS 13+日本語環境でも動作が確認されています。

6月のWWDC19でも「目的地をしゃべって道順を教えてもらう」本機能はWazeを例にして実証されていましたが(Siriを通じて活用できるサードパーティが拡張されたことのデモ)、今回の更新ではiPhoneおよびCarplayいずれでもSiriを通じてWazeとGoogleマップの両方にアクセスできるようになりました。

たとえば「Hey Siri、Googleマップを使ってショッピングモールへの道順を教えて」と声で指示すると、Googleマップが起動して道順を表示するという流れです。同様のことをWazeでもできますが、特定のアプリを指定しない場合は、デフォルトのアップル純正マップアプリが使用されます。

クルマに乗っていなくても、片手に荷物を持った状態でGoogleマップに道順を尋ねたいなんてのはよくあること。筆者を含む方向音痴のユーザーには有り難いアップデートと言えそうです。

関連記事:
iOS 13配信開始。旧iPhoneも高速化、ダークモード対応、セキュリティ強化でApple Arcadeも開始
watchOS 6配信開始。専用App Storeや計算機アプリも追加、文字盤もますます充実

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
iPhoneがSafariのデータを中国企業に送信していた可能性が浮上、Appleは否定
Safariブラウザ、iOS13で中国Tencentにデータを送信していることが判明
新iPad徹底活用術 大画面で映画やゲームを楽しみ尽くせ!
iPhone11 Pro/Pro MaxとiPhone XS Maxの音量を比較
アップル、廉価版iPhoneを「異例の発売スケジュール」で投入へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加