ブルゾンちえみが今年の顔に ヤフー検索大賞受賞!来年はプロデュース業?

ブルゾンちえみが今年の顔に ヤフー検索大賞受賞!来年はプロデュース業?

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/12/06

2017年に最も検索された人を選ぶ「Yahoo!検索大賞2017」発表会が6日、都内で行われ、お笑い芸人のブルゾンちえみ(27)が大賞を受賞した。ブルゾンはお笑い芸人部門賞とのダブル受賞となる。

No image

「Yahoo!検索大賞2017」発表会で、大賞を受賞したブルゾンちえみ(中央)と祝福に駆けつけた「ブリリアン」

2017年を代表する今年の顔に選ばれたブルゾンはwithBこと、お笑いコンビ「ブリリアン」のコウジ(29)とダイキ(30)とともに登壇。「本当に嬉しいですし、1年にいろんなことがあって、現実味がないですね。激変という言葉が本当にあってます」と喜び。withBも一緒の登壇には「ちょっとわからないです」と困惑しつつも、「(受賞は)両親に伝えたい。安心してると思います」と話した。

今後について聞かれ、「男をこういうふうに動かしたら売れるのに…とか思うので、6人ぐらいの男の子たちを育てたい。私は出なくていいんです」とまさかの野望を吐露。「いろんなことをさせていただいて、ありがたかったんですが、もっと人として興味を持ってもらえるように、人間的に成長したい。頑張りたいと思います」と来年の抱負を語った。

ブルゾンは昨年大みそか深夜~今年元日の日本テレビ「ぐるナイ!おもしろ荘若手にチャンスを頂戴今年も誰か売れてSP」での優勝を機にブレーク。同局「24時間テレビ40」(8月26~27日)では、番組史上初の当日発表となったチャリティーマラソンランナーを務め、完走した。芸人としてだけでなく、連続ドラマにもレギュラー出演するなど、その活動は多岐にわたり、まさに大忙しの活躍の1年だった。

その他のパーソンカテゴリーはアイドル部門賞に、2年連続での受賞となった「欅坂46」。アスリート部門賞は“セクシークイーン”の愛称で親しまれた女子プロゴルファーのアン・シネ(26)。作家部門賞はノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏(63)。男優部門賞は、TBSドラマ「カルテット」、放送中のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」、NHK連続テレビ小説「わろてんか」に出演するなど、大活躍だった俳優の高橋一生(36)。女優部門賞は、TBS「ごめん、愛してる」で初めて連続ドラマでヒロインを演じるなど、ブレークした女優の吉岡里帆(24)。モデル部門では、バラエティー番組などでも引っ張りだことなった泉里香(29)。ミュージシャン部門賞は、来年9月での引退を発表した安室奈美恵(40)。声優部門賞は諏訪部順一(45)。スペシャル部門賞(10代男女)は将棋の藤井聡太四段(15)、女優の永野芽郁(18)がそれぞれ受賞した。

カルチャーカテゴリーでは、アニメ部門賞は「けものフレンズ」、映画部門賞は「美女と野獣」、ゲーム部門賞は「ドラゴンクエスト6 過ぎ去りし時を求めて」、小説部門賞は「夫のちんぽが入らない」、ドラマ部門賞は「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命」、流行語部門賞は「忖度」だった。

今回4回目となる同賞は1月1日から11月1日までの集計データをもとに、前年に比べて、検索件数が最も急上昇した人物“大賞”に加え、パーソンカテゴリー、カルチャーカテゴリーなど、人物、作品などに送られるもの。昨年は俳優で歌手のディーン・フジオカ(37)が大賞を受賞した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
長澤、“元彼”の躍進に「ほんとにすごい人」
太川陽介の妻・藤吉久美子が“路線バス不倫”!
「元SMAP6人と飯島氏!?」新しい地図、映画『クソ野郎と美しき世界』デザインが波紋
『イッテQ』みやぞん異例のリタイア 番組スタッフの言動に批判殺到
小倉優子、親友のギャル曽根を「絶縁」疑惑が急浮上のワケ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加